報道発表資料

平成21年11月5日
大気環境
この記事を印刷

タイヤ単体騒音対策検討会(第1回)の開催について(お知らせ)

 昨年12月の中央環境審議会答申「今後の自動車単体騒音低減対策のあり方について(中間答申)」において、タイヤからの騒音の実態を調査し、その結果を踏まえ、EUや国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(UN-ECE/WP29)の動向も参考にしつつ、タイヤ単体騒音規制について検討する旨が提言されました。これを受けて、環境省では、関係省庁とともに自動車のタイヤ単体騒音規制の導入等について検討を行うこととし、学識経験者、業界関係者等で構成される「タイヤ単体騒音対策検討会」を設置し、11月11日に第1回検討会を開催することとしました。

1.日時

 平成21年11月11日(水)16:00〜18:00

2.場所

 中央合同庁舎第7号館11階 金融庁全省庁共用会議室1114号室

3.議題

 (1)
タイヤ単体騒音規制導入の検討の進め方
 (2)
その他

4.その他

 本検討会は公開とします。
 傍聴を希望される方は、平成21年11月10日(火)正午までに、氏名、勤務先、連絡先、カメラ撮り希望の有無を明記し「タイヤ単体騒音対策検討会傍聴希望」と記載のうえ、 メール(kanri-gijutsu@env.go.jp)又は別紙によりFAX(03-3593-1049)にて御登録下さい。傍聴券を返信致します。なお、座席数に限りがあるため、希望者が定員を超えた場合は抽選とさせて頂きますので予め御了承ください。

注1
登録は、傍聴希望者1名につき1通とさせて頂きます。
注2
カメラ撮りを希望されるマスコミ関係者の方も予めお申し込み下さい。
なお、カメラ撮りは会議の冒頭のみでお願い致します。
注3
抽選となった場合はマスコミ関係者を優先せて頂きますので御理解・御協力願います。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室
直通:03−5521−8296
代表:03−3581−3351
室長:岩田 剛和(内6550)
室長補佐:多田 善隆(内6552)
担当:傳田 重弥(内6573)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ