報道発表資料

平成9年11月5日 この記事を印刷

第1回全国一斉アルコロジー大会について

環境庁の主唱により、11月8日(土)に全国47都道府県において「第1回全国一斉アルコロジー大会」が開催される。
 環境庁では、地球温暖化防止のため、車に依存する日常生活を見直し、歩くことを中心とした環境にやさしいライフスタイルを実践していくこと(アルコロジー運動)を提唱しているが、地球温暖化防止京都会議(COP3)に向けて、アルコロジー運動を一層推進するとともに、地球温暖化に対する意識を深めるため、全国47会場においてアルコロジー大会を実施するものであり、約5万人の参加が見込まれている。
〈大会の概要〉
 
期  日  平成9年11月8日(土)
主  唱  環境庁
主  催  (社)日本歩け歩け協会/各都道府県歩け歩け協会
協  賛  全国銀行協会連合会
 
実施内容
 
全国47都道府県の会場において、10:00〜15:00までの時間帯の好きな時間に2キロ、6キロ、10キロの3コースのうちから自分の体力にあった距離のコースを歩く。なお、本大会の参加費(大人300円、中学生以下100円)は、地球環境基金に寄付され、地球温暖化防止等のために使用される。
 
東京都大会
・日 時  平成9年11月8日(土)10:00〜
・場 所  台東区上野公園 (出発式:上野公園大噴水広場)
  ・主 催  東京都歩け歩け協会

連絡先
環境庁企画調整局地球環境部環境保全対策課
課長 小林光       (内線6740)
 担当 大庭一夫     (内線6757)

環境庁自然保護局企画調整課自然ふれあい推進室
室長 森康二郎      (内線6420)
 担当 司子三千代    (内線6421)

ページ先頭へ