報道発表資料

平成21年7月6日
水・土壌
この記事を印刷

平成21年度環境技術実証事業(閉鎖性海域における水環境改善技術分野)における実証対象技術の選定について(お知らせ)

 平成21年度環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野の実証機関である財団法人港湾空間高度化環境研究センターが実証対象技術を選定しましたので、お知らせします。

 平成21年度環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野における実証機関である財団法人港湾空間高度化環境研究センターが実証対象技術を募集し、申請のあった技術について形式的要件や実証可能性等の観点から検討し、閉鎖性海域における水環境改善技術ワーキンググループの助言を踏まえて以下2件の技術を選定しました。

1.技術・製品の名称:

転炉系製鋼スラグ製品による沿岸域の環境改善技術

(1)軟弱浚渫土の混合改良技術
(2)鉄分等の供給による藻場造成技術

環境技術開発者:
新日本製鐵(株)・JFEスチール(株)

2.技術・製品の名称:

製鋼スラグを用いた藻場造成・水質改善技術

環境技術開発者:
JFEスチール(株)・JFEミネラル(株)

問い合わせ先(実証機関)

財団法人港湾空間高度化環境研究センター
担当:田渕、岡田
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-1-10 第2虎の門電気ビルディング4階
電話:03-5408-8299
電子メール:etvheisasei@wave.or.jp
【参考】
本事業全般については、環境技術実証事業のホームページ
    (http://www.env.go.jp/policy/etv/)を参照してください。
連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
(直通03-5521-8317)
室長:尾川 毅 (6660)
室長補佐:飯田 幸雄(6665)
主査:山田 拓也(6666)

ページ先頭へ