報道発表資料

平成21年7月3日
自然環境
この記事を印刷

生物多様性企業活動ガイドライン検討会(第5回)の開催について(お知らせ)

 環境省は、平成19年11月に閣議決定された第三次生物多様性国家戦略を受け、民間事業者が生物多様性の保全と持続可能な利用のための活動を自主的に行う際の指針となる「生物多様性民間参画ガイドライン」の策定を進めています。
 7月24日(金)に「生物多様性企業活動ガイドライン検討会(第5回)」を開催し、本年5月13日(水)から6月12日(金)まで行ったパブリックコメントの結果等を踏まえ、同ガイドラインを決定する予定ですので御案内いたします。
 なお、会合の傍聴を希望される方は事前にお申し込みください。

1.日時:

平成21年7月24日(金)9:30〜12:00

2.場所:

ホテルフロラシオン青山 2階「芙蓉東の間」
(東京都港区南青山4-17-58)

3.議題(予定)

(1)パブリックコメントの結果について
(2)生物多様性民間参画ガイドラインについて
(3)その他

4.傍聴手続き

本会合は、公開で行われます。傍聴希望の方は、下記まで、FAX又は電子メールでお申し込みください。

  • 申込み受付は、平成21年7月15日(水)(必着)までといたします。
  • 一般傍聴可能人数は、約50名を予定しており、希望者がこれを超えた場合は先着順とさせていただくことがあります。
  • お申込みに当たっては、下記の事項を御記載ください。
(1)
「生物多様性企業活動ガイドライン検討会(第5回)の傍聴希望」と明記ください(電子メールの場合は、件名欄に御記載ください。
(2)
住所、氏名、所属、連絡先(電話、FAX、電子メール)。
  • 傍聴の可否については、事務局から7月17日(金)までにお知らせいたします。傍聴登録完了の通知が届かなかった方の傍聴は、原則認められませんのであらかじめ御了承ください。
<傍聴登録先>
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
・電子メール:NBSAP@env.go.jp
・FAX: 03-3591-3228

※カメラ撮影を御希望の報道関係の方は、あらかじめ御連絡ください。
 なお、カメラ撮影については、会議の冒頭のみとさせていただきます。

5.参考

  • これまでの生物多様性企業活動ガイドライン検討会の経緯については、(http://www.biodic.go.jp/biodiversity/)を御参照ください。
  • 第三次生物多様性国家戦略については、(http://www.biodic.go.jp/nbsap.html)において概要、全文を掲載しておりますので、御参照ください。

該当部分:第1部第4章第2節 基本戦略

1.生物多様性を社会に浸透させる

「企業の活動は、原材料の調達、遺伝情報の活用、土木建築などさまざまな場面で生物多様性に影響を与えたり、その恩恵を受けたりしています。また、企業の活動は、消費者の意識に支えられており、国民ひとりひとりの消費行動と密接なつながりがあります。このことから、企業が社会的責任(CSR)としてのさまざまな活動を含めた企業活動全般を通じて、生物多様性の保全と持続可能な利用を社会経済的な仕組みの中に組み込むことが重要です。企業による生物多様性に関する活動への参画を促すため、企業による活動の収集と情報発信、先進的な取組事例の紹介を行うとともに、それらも踏まえて企業による取組の指針となる生物多様性企業活動ガイドラインの作成を、経済団体や企業の参加を得て進めます。」

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8150
室長:徳丸 久衛(内線6480)
課長補佐:鈴木  渉(内線6838)
担当:廣澤  一(内線6979)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ