報道発表資料

令和4年5月9日
地球環境
この記事を印刷

再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会(第3回)の開催について

環境省は、経済産業省、農林水産省及び国土交通省とともに、令和4年5月12日(木)に 「再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会」(第3回)を開催します。

1.開催趣旨

 2050年カーボンニュートラル及び地球温暖化対策計画における2030年度の温室効果ガス排出削減目標の実現に向けて、再生可能エネルギーの導入を拡大し、主力電源化を進めていくことが重要です。

 一方で、再生可能エネルギー事業の拡大に伴い、災害や環境への影響、不法投棄などに関する懸念が広がり、一部の事業では地域トラブルが生じているケースも見られます。このことを踏まえ、適正な環境配慮や地域の合意形成を図りながら、地域と共生する再生可能エネルギー事業を拡大することが重要となっています。

 そのため、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理に向けた施策の方向性を幅広く議論いただくことを目的とし、環境省・経済産業省・農林水産省・国土交通省が共同事務局となり、有識者や実務者等から構成される検討会を開催します。

2.開催日時

 令和4年5月12日(木)16時~19時

3.開催形式

 オンライン会議形式

4.議題

 1.再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関するヒアリング

5.公開について

 本検討会の資料及びネット中継のURLは、検討会当日までに、以下のページに掲載いたします。

https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/saisei_kano_energy/index.html

 (令和4年5月12日(木)公開予定)

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249
  • 課長小笠原 靖(内線 5754)
  • 課長補佐岸 雅明(内線 5131)
  • 課長補佐新原 修一郎(内線 5763)
  • 担当栁川 輝(内線 5425)
ページ先頭へ