報道発表資料

令和4年4月15日
自然環境
この記事を印刷

令和4年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰及び「みどりの月間」における各種行事について

 環境省では、自然環境の保全に関する顕著な功績があった者(又は団体)を表彰するとともに、自然環境の保全について国民の認識を深めることを目的に、毎年度、『「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰』を行っています。
 令和4年度は、計25件の個人又は団体が選ばれました。
 また、4月15日から5月14日までの「みどりの月間」における「国民一人ひとりが自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨を、都道府県等の協力の下、広く呼びかけるとともに、自然とふれあう様々な行事を実施します。

「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

(1)目的

 自然環境の保全に関して顕著な功績があった者(又は団体)を表彰し、これを讃えるとともに、自然環境の保全について国民の認識を深めるもの。

(2)表彰件数

 [1] 保全活動部門(12件)

    貴重な自然や身近な自然などの保全のため特色ある活動を推進した者

 [2] いきもの環境づくり・みどり部門(6件)

    地域における野鳥や小動物の生息環境の創出、あるいは日々の暮らしの中でのみどりの普及等を推進し

   た者

 [3] 自然ふれあい部門(4件)

    自然とのふれあいに関する各種活動や行事を推進した者

 [4] 調査・学術研究部門(2件)

    自然環境の保全・創造や自然とのふれあいに関する調査、研究で顕著な功績がある者

 [5] 国際貢献部門(1件)

    自然環境の保全・創造や自然とのふれあいに関する国際協力を推進した者

  計 25件(個人9件・団体16件)、受賞者一覧は別添1の通り)

「みどりの月間」における各種行事の実施

 4月15日から5月14日までの「みどりの月間」において、「国民一人ひとりが自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨を踏まえ、環境省の国立公園管理事務所や国民公園の管理事務所、都道府県等が主体となって、全国各地において自然とふれあう多彩な行事が開催されます。あわせてみどりの月間以降の開催行事についてもお知らせします。

 行事詳細は、別添2及び別添3を参照ください。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8271
  • 室長岡野 隆宏(内線 6641)
  • 室長補佐尾崎 絵美(内線 6642)
  • 係長矢作 一也(内線 6645)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ