報道発表資料

令和4年3月1日
再生循環
この記事を印刷

福島県飯舘村(長泥地区)での実証事業の現地見学会(一般の方向け)について

 福島県飯舘村(長泥地区)において実施している除去土壌の再生利用実証事業の一般の方向けの現地見学会を令和4年3月より再開しますので、お知らせします。なお、見学会への参加は、事前申込が必要です。

1.開催趣旨

 東日本大震災後に福島県内の除染により生じた除去土壌等は、2045年までに福島県外で最終処分することが法律で定められています。県外最終処分の実現に向けては、安全性の確保を前提とした除去土壌の再生利用が重要です。

 環境省では、福島県飯舘村(長泥地区)において、地元の皆様の御理解・御協力をいただいて、除去土壌の再生利用実証事業(環境再生事業)を行っています。この取組は、「飯舘村特定復興再生拠点区域復興再生計画」に基づき、長泥地区の農業の再生に向けて、令和元年度より実施しているものです。

 本事業では、除去土壌の放射能濃度を確認した上で、異物等を取り除く再生資材化を行い、盛土を行っています(盛土の周囲には約50cmの覆土を実施)。安全性の確認のための放射線モニタリングを実施しているほか、地元の皆様の御要望等を踏まえつつ、野菜や花などの栽培実験も実施してきたところです。

 本事業の現地見学会は、地元の皆様の御理解を得て、令和3年7月より、環境省及びJESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)が開催しております。令和3年12月から冬季期間のため見学会を開催しておりませんでしたが、令和4年3月より見学会を再開いたしますので、お知らせします。地元の皆様の御努力と御協力により、地域が復興に向けて力強く前進している姿を是非御覧ください。

2.開催概要

(1)開催日(予定)

   令和4年3月19日(土)、3月29日(火)、4月5日(火)、4月16日(土)

   以降、毎月2回、定期的に開催いたします。

   5月以降の開催日については、下記見学会詳細ウェブサイトに今後掲載していきます。

   ※ 新型コロナウイルスの感染状況等により、中止あるいは日程等が変更される場合がありますので、あ 

    らかじめ御了承ください。

(2)見学場所

   飯舘村長泥地区環境再生事業エリアのうち以下の場所。

   ① 再生資材化ヤード ②集中監視室 ③水田試験エリア等

(3)見学スケジュール(予定)

    12:50  いいたてスポーツ公園駐車場集合

    13:00  いいたてスポーツ公園駐車場出発

    13:30  見学先到着

    13:30~ 見学(再生資材化ヤード/集中監視室/水田試験エリア)

    15:00  見学先出発

    15:30  いいたてスポーツ公園駐車場到着

   

   ※ 当日のスケジュールについては予定であり、今後変更されることがありますので、御了承ください。

   ※ いいたてスポーツ公園住所: 〒960-1803 福島県相馬郡飯舘村伊丹沢字山田380

   ※ 検温、手指の消毒、手洗い、マスクの着用・咳エチケット等の感染症対策の徹底への御協力をお願い

    いたします。

   ※ 緊急事態宣言等の状況によっては参加をお断りする場合があります。

(4)定員

   最大20名

(5)参加費

   無料

3.参加申込等

(1)申込方法

   見学会への参加は、事前申込みが必要です。

   下記ウェブサイトを御覧いただき、必要事項についてメール又は電話で問合せ先へお申し込み下さい。

   <見学会詳細ウェブサイト>

    https://www.jesconet.co.jp/interim_infocenter/observation_nagadoro.html

   <問合せ先>

    中間貯蔵工事情報センター(長泥地区環境再生事業見学会担当)

    メール johocenter@jesconet.co.jp

    電話番号:0240-25-8377

(2)申込締切

   各開催日の2日前までにお申し込みください。

4.その他

  本見学会以外の環境再生事業に関する見学会の情報はこちら

  「福島、その先の環境へ」現地見学会 特設サイト

   http://shiteihaiki.env.go.jp/fukushimamirai/sonosaki/opentour/

連絡先

環境省福島地方環境事務所 中間貯蔵部 土壌再生利用推進課

  • 直通024-563-7209
  • 課長百瀬 嘉則
  • 担当喜久川 裕起
  • 担当弘田 好幸

環境省環境再生・資源循環局環境再生事業担当参事官室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8350
  • 参事官補佐大野 皓史(内線 5373)
  • 参事官補佐栗林 美紀(内線 5381)
ページ先頭へ