報道発表資料

令和3年4月5日
総合政策
この記事を印刷

報告書「移動データを活用した地域の脱炭素化施策検討委託業務~データ駆動型脱炭素まちづくり~」の公表について

 環境省は、今年度実施した「移動データを活用した地域の脱炭素化施策検討委託業務」にて受託者である株式会社デジタルガレージとともに、富山市、鎌倉市を対象に人や自動車等の「移動の観点」から、データ駆動型脱炭素まちづくりに向けた検討を行いました。
 この度、検討した内容を報告書にとりまとめましたので、公表いたします。

1.背景

 第五次環境基本計画(平成30年4月閣議決定)において、持続可能なまちづくりを実現するためには、拠点となるべきエリアに都市機能を集約し、その周辺部や公共交通の沿線に居住を誘導するとともに、これらのエリアを公共交通網のネットワークで結ぶコンパクトシティを形成していく必要があるとされています。都市のコンパクト化や持続可能な地域公共交通ネットワークの形成は、自動車交通量の減少等を通じてCO2排出量の削減に寄与するとともに、中心市街地の活性化や歩行量・自転車利用の増加による健康の維持・増進につながること等が期待されているということもあり、人や車の移動といった観点から、脱炭素まちづくりを検討することは重要であると考えられます。

 一方、近年、情報通信技術の発展等により、様々な分野でビッグデータと呼ばれる多様で膨大なデジタルデータがネットワーク上で生成・流通・蓄積されており、このビッグデータを効果的に分析・利活用することで、地域の課題解決や新たなビジネスの検討・実施がなされているところです。

 しかしながら、地域で脱炭素まちづくりを実現するために、移動に係るビッグデータを活用した施策の検討を実施している事例は少ないため、交通施策や環境対策において、主体性のある先進的な取組を実施している富山市、鎌倉市の2地域を対象として、移動データの見える化を実施した上で、そこから、地域の脱炭素化を図るためにどのような施策を実施することが有効であるかについて、検討し、報告書にとりまとめました。

 なお、この報告書は、富山市、鎌倉市の2地域で、移動に係るビッグデータが「どのようなものであるのか」、「どのような分析が可能であるのか」、「分析結果をどのように施策検討に活かすことができるのか」等を検討した内容をまとめたものです。今回は報告書に加えて、実施した内容等を簡潔にまとめた資料及び議論の流れがわかるグラフィックレコーディングも併せて掲載しています。

2.報告書の構成(目次)

 第0章 業務の目的

 第1章 データ駆動型脱炭素まちづくりの取組の必要性

 第2章 本業務の進め方

 第3章 Case1. 富山市における検討

 第4章 Case2. 鎌倉市における検討

3.添付資料

当報告書等については、下記の環境省ウェブページからご確認ください。

http://www.env.go.jp/policy/local_re/r2houkokukai/post_150.html

※以下の資料を掲載しています。

・データ駆動型脱炭素まちづくりのための検討(富山市、鎌倉市)

・議事(グラフィックレコーディング)

・業務報告書「移動データを活用した地域の脱炭素化施策検討委託業務~データ駆動型脱炭素まちづくり~」(全体版及び分割版)

連絡先

環境省大臣官房環境計画課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8233
  • 課長補佐黒部 一隆(内線 6221)
  • 担当加藤 蒼二(内線 6292)
ページ先頭へ