報道発表資料

令和3年2月19日
地球環境
この記事を印刷

小泉環境大臣とインドネシア・ルフット海事・投資調整大臣との会談の結果及び共同声明について

小泉環境大臣はインドネシア共和国ルフット・パンジャイタン海事・投資調整大臣、シティ・ヌルバヤ環境林業大臣とオンラインによる会談を行いました。会談では、廃棄物発電や海洋プラスチックごみ対策、チタルム川水質汚染などに関する議論を行い、それぞれの分野に関する協力について、共同声明として合意しました。

1.日時

令和3年2月18日(木)

2.形式

オンライン会議

3.会談概要

小泉環境大臣はインドネシア共和国ルフット・パンジャイタン海事・投資調整大臣、シティ・ヌルバヤ環境林業大臣とオンラインによる会談を行いました。会談では、廃棄物発電や海洋プラスチックごみ対策、チタルム川水質汚染などに関する議論を行い、それぞれの分野に関する協力について、共同声明として合意しました。

4.共同声明の概要

日本とインドネシア共和国両国の環境協力を安定的な基盤の上に立って一層の推進を図るため、以下をはじめとする分野で対話及びプロジェクト等を実施、促進します。

1)廃棄物処理に関する協力

政策強化とプロジェクト実施の両面での協力強化に合意しました。プロジェクト実施に当たっては、環境省と国際協力機構(JICA)が自治体を支援する初のケースであるレゴックナンカプロジェクトに加え、インドネシアにおける2件目のプロジェクトに関する協力にも合意しました。

2)海洋プラスチックごみに関する協力

海洋プラスチックごみのモニタリングに関する協力及びASEAN地域での知見の共有について協力を進めることに合意しました。

3)チタルム川水質汚染に関する協力

チタルム川水質汚染管理の改善の取組を推進することに合意しました。

※共同声明本文は別添参照

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3581-3423
  • 室長杉本留三(内線 6765)
  • 課長補佐野本卓也(内線 7782)
  • 室長補佐渡辺聡(内線 7723)
  • 主査矢笠嵐(内線 6723)
  • 担当井上侑香(内線 6708)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ