報道発表資料

令和2年12月17日
総合政策
この記事を印刷

令和2年度環境技術実証事業説明会及び研修会の開催について

環境技術に関係するより多くの方々に環境技術実証事業を知っていただけるよう、環境技術を有するメーカー、販売者及び環境技術のユーザー並びに実証機関に興味のある方を対象とし、令和2年度環境技術実証事業説明会及び研修会をオンラインにて開催します。

環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら普及が進んでいない先進的環境技術について、環境保全効果等を第三者が客観的に実証して普及を図ることを目的とした事業です。

この度は、環境技術に関係するより多くの方々に本事業を知っていただけるよう、説明会及び研修会を開催することとしました。説明会では本事業の活用事例の紹介もあり、具体的な内容を聞くことができます。また、説明会の後には技術相談会を開催し、個別に相談を承ります。今年度は、WEBシステム(Cisco Webex)により以下の日程で開催いたします。詳細につきましては「環境技術実証事業 説明会及び研修会開催の御案内」を御確認ください。

1.開催日時

【第1回】令和3年1月28日(木)

【第2回】令和3年1月29日(金)

【第3回】令和3年2月4日(木)

【第4回】令和3年2月5日(金)

〈開催時間〉各回共通

【午前(第1部)】 説明会 9時25分~11時35分  技術相談会 11時45分~12時45分

【午後(第2部)】 研修会 13時55分~16時15分

2.対象者

【午前(第1部)】

有用な環境技術をお持ちのメーカー、販売者等、環境技術に関係するユーザー(購入者、貿易業者、施工業者、地方自治体の環境担当者等)、実証・試験を実施する試験機関に興味のある方

【午後(第2部)】

実証・試験を実施する試験機関に興味のある方

3.プログラム

【午前(第1部)】説明会及び技術相談会 

・環境技術実証(ETV)事業の概要<20分>

(環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

・環境技術実証(ETV)の国際的動向<20分>

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

・環境技術実証(ETV)の活用事例<20分>

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

・環境技術実証(ETV)実証申請書の書き方<20分>

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

・環境技術実証(ETV)の実証(試験)に必要なデータ<30分>

(実証機関)

・技術相談会<60分>

【午後(第2部)】研修会

・環境技術実証(ETV)事業の概要<20分>

(環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

・環境技術実証の手順及び実証機関の役割と責任<20分>

《環境省の実証要領及びISO14034の概要》

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

・実証機関の具体的な仕事<60分>

《実証機関の仕事、そのための量力、組織の要件ISO/IEC17020及びISO14034の要求事項》

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会等)

・環境技術実証(ETV)実証機関申請書の書き方<20分>

(実証運営機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

4.申込方法

説明会及び研修会へ参加を希望される方は、下記「参加申込記載事項」を記載のうえ、申込締切日(各回開催日の1週間前の17時)までに電子メールにて以下の申込先(etv-jemai@jemai.or.jp)まで御送信ください。お申込みいただいた方には、後日事務局より電子メールにて参加受領及びWEBシステムの情報(招待メール)をお送りいたします。なお、各回とも申込先着順で定員(100名)になり次第締め切らせていただきます。

<参加申込記載事項>

メールの件名を 「ETV説明会及び研修会参加申込み」 としてください。

  • 氏名(フリガナ)
  • 貴社名
  • 御所属部署及び役職名
  • 御所属先住所(受講票を郵送で希望の方のみ)
  • 電子メールアドレス
  • 電話番号
  • 参加を希望される会場(希望される日程(第●回)。また、第1部のみ参加、第2部のみ参加、第1部・第2部の両方参加のいずれかを記載
  • 技術相談会の希望の有無

5.申込先及び問合せ先

令和2年度実証運営機関・技術調査機関

一般社団法人 産業環境管理協会 環境管理部門 国際協力技術センター

担当:大野、寺田、袰岩

住所:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル

TEL :03-5209-7707  MAIL: etv-jemai@jemai.or.jp

6.受講方法

  • 事前にCisco Webexシステムをダウンロードしてください。
  • 当日は、開始10分前に、招待メールに添付されたURLにログインしてください。詳細は、お申込みいただいた方にメールにて連絡いたします。なお、技術相談会を希望された方は、当日、指定した時間の招待メールを事務局から個別に送信します。

7.その他

本事業全般については、環境技術実証事業のウェブサイト(http://www.env.go.jp/policy/etv/)を参照してください。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境研究技術室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3521-8239
  • 室長曽宮 和夫(内線 6241)
  • 係長吉徳 祥哉(内線 6243)
  • 担当柳川 立樹(内線 6244)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ