報道発表資料

令和2年12月17日
地球環境
この記事を印刷

日本国環境省とサウジアラビア王国環境・水・農業省の間の環境協力に関する協力覚書の署名について

 小泉環境大臣はサウジアラビア王国アブドゥルラフマン・アル・ファドリ環境・水資源・農業 大臣とオンラインによる会談を行い、両国間で初めてとなる「日本国環境省とサウジアラビア王国環境・水・農業省との間の環境分野における協力覚書」に署名しました。
 今後、本協力文書に基づき、廃棄物管理、海洋プラスチックごみ対策、自然保護対策等の分野において、相互協力を強化、発展させます。

1.日時

令和2年12月16日(水)

2.形式

オンライン会議

3.会談概要

 小泉環境大臣はサウジアラビア王国アブドゥルラフマン・アル・ファドリ環境・水資源・農業 大臣とオンラインによる会談を行いました。両国間で初めてとなる「日本国環境省とサウジアラビア王国環境・水・農業省との間の環境分野における協力覚書」に署名しました。会談では、G20環境大臣会合でのサウジアラビアのリーダーシップに敬意を表するとともに、廃棄物管理や海洋プラスチックごみ対策などに関する協力に関して意見交換を行いました。

4.協力覚書の概要

 日本とサウジアラビア王国両国の環境協力を安定的な基盤の上に立って一層の推進を図るため、以下をはじめとする分野で対話及びプロジェクト等を実施、促進します。

1)以下を含むコベネフィットを伴う適応策

  • 水質及び排水管理

  • 海洋保護

  • 環境レベルでの土地劣化又は砂漠化への取組

  • 沿岸のインフラ(道路、住宅地、工業団地、淡水化プラント、港等)の保護のための統合的な沿岸域管理計画

  • 異常気象による脆弱性を軽減するための早期警告システム

2)大気汚染を監視し、及び抑制するための方法及び技術

3)汚染土壌(非放射性)の取扱い及び廃棄のための方法及び技術の開発

4)騒音公害の削減及び振動制御

5)現状の調査を通じた環境影響アセスメントの手順の改善

6)化学物質及び有害廃棄物を含む廃棄物の管理及び3R

7)戦略的計画に関するコラボレーション、環境技術研究の促進及び能力構築

8)両当事者が決定した環境の保護及び改善の範囲内のその他の活動

 

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8248
  • 室長杉本 留三(内線 6765)
  • 室長補佐野本 卓也(内線 7782)
  • 担当矢笠 嵐(内線 7723)
  • 担当菊地 心(内線 6767)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ