報道発表資料

令和2年12月15日
地球環境
この記事を印刷

持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング兼SDGs推進本部円卓会議環境分科会の開催について

 令和3年1月14日(木)に、第13回持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング兼 SDGs推進本部円卓会議環境分科会を関東地方環境事務所とともにWEB形式で開催します。
 会合では、行政、地域企業等が連携した実践的で具体的な事例を紹介しつつ、SDGsの地域の根ざし方について、構成員・分科会委員を交えて議論を深めます。
なお、本会合は、環境省の推進する「ワーケーション」の取組の一つとして、那須塩原市の協力を得て同市内の温泉旅館において開催予定です。

1.開催趣旨

 平成27年9月に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2030アジェンダ)の中核をなす「持続可能な開発目標」(SDGs)は、2030年に向けて国際社会が目指す目標としての共通言語となり、世界はSDGs達成に向けた実施段階に入り、多くの取組が実践的に進められるようになりました。

 ステークホルダーズ・ミーティングは、国際社会及び国内におけるSDGsの実施状況を共有するとともに、環境側面からのSDGsの取組を推進するために、民間企業や自治体、NGOなどの様々な立場から先行事例を共有して認め合い、更なる取組の弾みをつける場として平成28年度から開催しているものです。

2.概要

 これまでの我が国のSDGs達成に向けた取組も全国に普及し、2050年排出実質ゼロに向けたうねりと相まって、様々な自治体や企業がSDGsを前面に押し出した取組を進めています。

 ステークホルダーズ・ミーティングでは、国内外の最新動向を紹介するとともに、地域循環共生圏を含め、国内での一つの自治体の事例を通し、行政(自治体・省庁)・金融機関・地域企業等の連携事例を共有しつつ、環境行政を通じたSDGsの地域の根ざし方について、構成員・分科会委員を交えて議論を深めます。

3.開催案

名称  持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング第13回会合

日時  令和3年1月14日(木)1400~1600

場所  WEB開催(那須塩原市内より配信)

主催  環境省、関東地方環境事務所

共催  公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

協力  那須塩原市

議題  ※予定

1.SDGsに関する最新動向について

  (ⅰ)環境省、関東地方環境事務所

  (ⅱ)外務省

  (ⅲ)内閣府

2.地域金融機関への期待と取組事例

  (ⅰ)環境省

  ( ii )金融庁

  ( iii )栃木銀行

3.SDGs 達成に向けた地域の取組等について

  (ⅰ)那須塩原市

  (ⅱ)那須野が原土地改良区連合

<登壇者・構成員、分科会委員を交えた意見交換>

4.視聴方法

 本会合はオンライン配信となります。視聴希望の方は、以下IGESのウェブサイトから1月14日(木)正午までにお申し込みください。詳細はウェブサイトで御確認ください。
https://www.iges.or.jp/jp/events/20210114

5.取材について  

 当日、ウェビナー収録会場(那須塩原市内)にて取材を御希望の方は、1月12日(火)正午までに①企業名 ②媒体名 ③お名前 ④当日の連絡先 を事務局担当(IGES山下、yamashita@iges.or.jp)までメールにてご連絡ください。事前に申し込まれた場合には、会合冒頭の頭撮りに限って写真撮影などを行うことが可能です。

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8243
  • 課長大井通博(内線 6760)
  • 課長補佐鈴木啓太(内線 7786)
  • 担当笹山航(内線 6799)
ページ先頭へ