報道発表資料

令和2年10月15日
再生循環
この記事を印刷

令和2年度「高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業」の採択結果について

 令和2年度「高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業」の公募を行ったところ、2件の応募があり、審査の結果、下記のとおり、2件を採択しましたのでお知らせします。

1.事業の概要

 ごみ出し支援を実施しようとする地方公共団体がごみ出し支援の制度設計をするためのガイダンスを作成するため、高齢化社会に対応したごみ出し支援制度の制度設計や持続的運用に必要な知見やノウハウ等を収集するモデル事業を実施するものです。

2.公募実施期間

  応募相談期間:令和2年9月8日(火)~9月18日(金)17時00分

  応  募   期  間:令和2年9月23日(水)~9月30日(水)15時00分

3.公募対象

地方公共団体(複数の団体・事業者等と共同実施する場合を含む。)

4.審査方法

公募期間に応募のあった事業に対し、外部有識者による検討会を開催し、書面審査を行いました。

5.採択結果

採択団体は京都府亀岡市及び岡山県真庭市。詳細につきましては、別紙「採択団体一覧」を御参照ください。

6.スケジュール(予定)

  令和2年11月~同年12月 モデル事業の実施

  令和3年1月       結果とりまとめ

   

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9273
  • 課長名倉良雄(内線 6841)
  • 課長補佐小林純一郎(内線 6859)
  • 担当吉松武士(内線 6848)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ