報道発表資料

令和2年9月8日
自然環境
この記事を印刷

令和2年(第14回)みどりの学術賞受賞記念イベントの開催について

環境省では、みどりの学術賞※及びみどりの式典の運営に協力を行っています。
この度、令和2年「みどりの学術賞」を受賞された福田裕穗氏、中瀨勳氏によるトークイベントをオンラインにて配信しますので、お知らせします。

○プログラム1:植物に問いかけよう!いったいどうなっている?変幻自在な体のしくみ 

福田裕穗氏(東京大学理事・副学長、東京大学名誉教授)

日時:令和2年10月18日(日)14時30分~15時30分

実施方法:オンラインでの配信

概要:福田氏の研究業績の紹介を通し、研究に取り組むうえで重要となる点や、現代社会における植物の基礎研究とその応用の重要性についてお話いただきます。

※質疑を行う参加者を募集します。(9月17日17時〆切、小学生高学年以上の方6名(抽選))。日本科学未来館イベントページ(https://www.miraikan.jst.go.jp/events/)より御応募ください。

○プログラム2:みどりでつくる、人とまち

中瀨勳氏(兵庫県立人と自然の博物館館長、兵庫県立淡路景観園芸学校学長、兵庫県立大学名誉教授)

日時:令和2年11月7日(土)14時30分~15時30分

実施方法:オンラインでの配信

概要:各地域の自然の特徴を知ることを通して学ぶ、身近なみどりの特徴とその重要性や、災害とみどりの関係を通して学ぶ、普遍的なみどりの価値や生物とみどりの関わりについてお話いただきます。

※兵庫県立人と自然の博物館との共催イベントとなります。

○視聴方法 / 配信アドレス

配信アドレスが決まり次第、日本科学未来館イベントページ(https://www.miraikan.jst.go.jp/events/)にて告知いたします。なお、視聴にはお申込みの必要はありません。

○問合せ先
内閣府 大臣官房総務課 みどりの学術賞及び式典担当室
電話:03-3502-8243(林野庁森林利用課)
担当:東室長補佐、今若主査  

※「みどりの学術賞」は、「みどり」についての国民の造詣を深めるために、国内において植物、森林、緑地、造園、自然保護等に係る研究、技術の開発その他の「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった個人に内閣総理大臣が授与するものです。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局総務課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8342
  • 課長奥山祐矢(内線 6410)
  • 課長補佐千田純子(内線 6413)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ