報道発表資料

令和2年9月7日
地球環境
この記事を印刷

令和2年度TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業参加企業決定について

環境省は、気候関連リスク・機会を経営戦略に織り込む取組を促進するための「令和2年度TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」に参加する企業を決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.参加企業の決定について

 令和2年7月27日から8月31日まで参加企業を募集していた「令和2年度TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」に31件の応募があり、業種・分野の多様性、企業の規模、情報開示の意欲、事業内容への気候変動による長期的な影響の想定などを総合的に検討し、以下の参加企業を決定しました(五十音順)。

・アスクル株式会社

・オリックス・アセットマネジメント株式会社

・九州旅客鉄道株式会社

・信越化学工業株式会社

・三井金属鉱業株式会社

・株式会社安川電機

2.TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析に関する合同説明会

 支援事業に御応募いただいた事業者向けに、TCFDの概要やシナリオ分析の必要性、方法、必要な情報・準備、昨年度の事例等について理解を深める合同説明会を開催します。

 本説明会は非公開で開催いたしますが、事務局説明部分(13:30~15:00)については、取材可能とします。取材を希望される報道関係者の方は、下記内容を御参照の上、(4)の連絡先へ御連絡ください。

(1)開催日時

  令和2年9月10日(木)13:30-16:00

(2)開催方法

  WEB開催(Teamsを利用予定)

(3)タイムスケジュール(予定)

  13:30-13:50 気候変動とシナリオ分析の重要性についての説明

  13:50-14:30 シナリオ分析手法の概要説明

   ・シナリオ分析の実践とポイント

   ・シナリオ分析の開示事例について

  14:30-15:00 シナリオ分析事例紹介

  ※15:00以降、採択企業への説明等を実施します。取材は御遠慮ください。

(4)取材申し込み

  取材を希望される報道関係者の方は、9月9日(水)までに下記に御連絡ください。

  デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

  TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業事務局

  メール:scplan@tohmatsu.co.jp

3.関連Webページ、資料

・TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業参加企業募集について

http://www.env.go.jp/press/108179.html

・TCFD

https://www.fsb-tcfd.org/

・TCFDコンソーシアム

https://tcfd-consortium.jp/

・TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイドver2.0~

http://www.env.go.jp/policy/policy/tcfd/TCFDguide_ver2_0_J.pdf

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249
  • 課長小笠原 靖(内線 6736)
  • 課長補佐岸  雅明(内線 6721)
  • 係長加藤 大祐(内線 7745)
  • 担当神谷 慶(内線 7733)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ