報道発表資料

平成21年2月27日
地球環境
この記事を印刷

「自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)シンポジウム−第2期の経験と今後の展望」の開催について(お知らせ)

 環境省では、2005年度より実施している自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)の第2期(2006年度)実施結果を踏まえ、2009年3月25日(水)に「自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)シンポジウム−第2期の経験と今後の展望」と題し、シンポジウムを開催いたします。本シンポジウムでは、同制度の第2期事業を評価、総括し、その成果や知見を広く紹介するとともに、2008年10月に開始した「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」試行排出量取引スキームにおける参加類型の一つとして位置付けられている同制度の今後の行方を展望していきます。

1.開催概要

○日時:
2009年3月25日(水)13:30〜19:00
○場所:
セルリアンタワー東急ホテル B2F ボールルーム
http://www.ceruleantower-hotel.com/map/
○主催:
環境省
○参加費:
無料
○定員:
400名(先着順)
○プログラム:
【第1部】講演
13:30
1. 開会挨拶
 斉藤鉄夫(環境大臣)
13:35
2. JVETS第2期の成果と現状
 高橋康夫(環境省市場メカニズム室長)
14:10
3. JVETSの今後の展望
 植田和弘 氏(京都大学 経済学部・大学院経済学研究科教授)
14:50
4. 検証機関から見たJVETSの算定・検証と国際的なGHG検証の動向
 岩尾康史 氏(株式会社トーマツ審査評価機構 マーケティング部長)
15:10
休憩
15:20
5. JVETS第2期への参加を通じて得られた経験
 有福 聡 氏(レンゴー株式会社)
15:35
6. JVETS第2期への参加を通じて得られた経験
 石井真由美 氏(株式会社INAX)
15:50
7. JVETS取引参加者が果たすべき役割
 伊藤秀幸 氏(オリックス環境株式会社)
16:05
休憩
16:15
8. パネルディスカッション
モデレーター:
植田和弘 氏(京都大学 経済学部・大学院経済学研究科教授)
パネラー:
大塚 直 氏(早稲田大学 法学部教授)
他、プログラム27のスピーカーが参加。
17:00
9. 閉会
【第2部】名刺交換会・懇親会
17:20
1. 挨拶
 寺田達志(環境省地球環境局長)
19:00
2. 閉会

2.参加申込方法

参加を希望される方は、下記ホームページよりお申し込み下さい。
http://www2.convention.co.jp/jvets/
(注)環境省では受付を行っておりません。また、電話での受付は行っておりません。

3.その他

 自主参加型国内排出量取引制度(第5期)の参加者公募につき、下記の通り行います。

公募期間:平成21年2月27日(金)〜平成21年4月30日(木)

 また、東京・名古屋・大阪にて公募説明会を開催します。
 詳しくは、下記リンク先をご覧下さい。

○公募について
http://www.env.go.jp/press/10830.html
○公募説明会について
http://www.env.go.jp/press/10765.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:高橋 康夫(6737)
補佐:西村 治彦(6739)
担当:岸本 拓之(6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ