報道発表資料

平成21年2月24日
自然環境
この記事を印刷

里地里山保全・活用検討会議(第3回)の開催について(お知らせ)

 環境省では、「里地里山保全・活用検討会議」を設置し、里地里山を未来に引き継ぐために、生物多様性、景観、文化等様々な観点から保全再生の特徴的な取組事例の収集分析、その手法や社会的な仕組み等の検討を進めています。
 平成21年3月4日に第3回検討会議を開催し、「特徴的な取組」アンケート調査結果の分析や全国の里地里山の現状分析等を行う予定です。

1.概要

 里地里山は、農林業など人と自然の長年の相互作用を通じて形成された自然環境であり、多様な生物の生息環境として、また、地域特有の景観や伝統文化の基盤としても重要な地域です。しかし、過疎化や高齢化などにより人為の働きかけが減少し、景観の荒廃や里山特有の動植物の衰退など生物多様性の劣化が進行しており、保全・再生が急務となっています。
 国土のおよそ4割を占める里地里山の保全・再生を進めていくためには、生物多様性の保全をはじめ多様な観点からの保全・再生の取組の現状を把握し、その分析を通じてすぐれた手法や仕組みの事例を紹介し、各地の取組を支援していく必要があります。
 また、生物多様性を維持し高めるような自然資源の管理・利活用手法や多様な主体が保全・再生活動に参加するための社会的な仕組みの検討も、自律的な保全・再生の取組を全国的に促していく上で重要な課題となっています。
 このため、環境省では、「里地里山保全・活用検討会議」を設置し、ご意見を伺いながらこれらの課題の検討を進めることとし、現在「里地里山保全・再生に向けた特徴的な取組事例」アンケート調査や行政施策の収集、伝統的な里地里山利用管理の分析などを進めています。

2.里地里山保全・活用検討会議(第3回)の開催について

日時:
平成21年3月4日(水) 14:00〜
場所:
砂防会館 霧島(東京都千代田区平河町2−7−5 別館3階)
議題:
(1)アンケート調査結果の分析(暫定)について
(2)里地里山の伝統的な利用管理手法について
(3)全国の里地里山の現状分析について
(4)里地里山の保全・再生に向けた課題等について
(5)その他

3.傍聴申込

 本会議は、公開で行われます。

(1)一般の方

 傍聴希望の方は、事務局(下記参照)まで、FAX又は電子メールでお申し込み下さい。

 申込受付は、平成21年3月2日(月)午後3時(必着)までといたします。
 傍聴可能人数は、20名を予定しており、希望者がこれを超えた場合は抽選とさせていただくことがあります。
 申込みに当たっては、下記の事項を御記載ください。
(ア)
「里地里山保全・活用検討会議の傍聴希望」と明記してください(電子メールの場合は、件名欄に記載してください。)。
(イ)
住所、氏名、連絡先(電話、FAX、電子メール)及び差し支えなければ勤務先・所属団体を御記載ください。
 傍聴の可否については事務局から3月3日(火)午後5時までに御連絡いたします。

(2)報道関係の方

 当日会場にて受付をお願いします。
 カメラ撮影を御希望の報道関係の方は、事務局まであらかじめ御連絡ください。
なお、カメラ撮影については、会議の冒頭のみとさせていただきます。

(3)お問い合わせ・申し込み先

財団法人国立公園協会 担当:研究センター 森、丹治
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2−8−1虎の門電気ビル4F
TEL:03-3502-0488  FAX:03-3502-1377
E-mail:satoyama@npaj.or.jp

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
TEL:03−5521−8274(直通)
03−3581−3351(代表)
課長:渡邉 綱男(内線 6430)
課長補佐:櫻井 洋一(内線 6435)
担当:青木龍太郎(内線 6482)

ページ先頭へ