報道発表資料

令和2年6月29日
総合政策
この記事を印刷

交通政策審議会第79回港湾分科会に係る港湾計画に対する環境省意見について

 令和2年6月29日(月)、環境省は、交通政策審議会第79回港湾分科会において審議される港湾計画のうち、宇部港港湾計画の改訂に対して、環境保全の観点から意見を提出した。当該計画の改訂は、埠頭用地・海面処分用地等の埋立て及び、航路・泊地の新設・深掘り等を新たに計画するものである。
 環境省意見では、浚渫(しゅんせつ)等により発生する埋立土砂等を極力削減し、埋立面積の低減を図るよう努めること、新規計画により発生する埋立て後の未利用地の利用に優先して新たな埋立てが行われることのないよう、関係機関等に対し、情報提供等必要な措置を講ずることについて言及している。
 なお、環境省意見は、国土交通省を通じて、港湾管理者に伝達される。

1.港湾計画に対する意見提出について

 本日開催の交通政策審議会第79回港湾分科会において、港湾計画の改訂1件※について諮問及び審議されることとなっている。
 環境省は、このうち、宇部港港湾計画の改訂について、以下の意見を提出した。

※改訂:宇部港

2.宇部港港湾計画改訂の概要及び環境省意見

(1)計画改訂の概要
本港湾内の新規施設整備及び維持に伴う浚渫(しゅんせつ)土砂等を処分するための埋立て等を計画するもの。

(2)環境省意見
埋立土砂の削減と埋立面積の低減について
 本港湾区域は、瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和48年法律第110号)で定める瀬戸内海に位置しており、瀬戸内海における埋立ては、「瀬戸内海環境保全特別措置法第13条第1項の埋立てについての規定の運用に関する基本方針について(答申)」(昭和49年5月9日瀬環審第12号)(以下、基本方針という。)において厳に抑制すべきであるとされている。
 新規計画は、本港湾内の新規施設整備及び維持に伴う浚渫(しゅんせつ)土砂等を処分するための埋立てを計画するものとなっており、基本方針の趣旨を踏まえ、新規計画の実施に当たっては、浚渫(しゅんせつ)等により発生する埋立土砂等を極力削減し、埋立面積の低減を図るよう努められたい。
 また、新規計画により発生する埋立て後の未利用地の利用に優先して新たな埋立てが行われることのないよう、関係機関等に対し、情報提供等必要な措置を講ずるとともに、瀬戸内海における新たな埋立てを可能な限り回避するよう、今後も努められたい。

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237
  • 室長坂口芳輝(内線 6231)
  • 室長補佐鈴木清彦(内線 6233)
  • 担当藤井沙耶花(内線 6248)
ページ先頭へ