報道発表資料

令和2年3月31日
大臣官房
この記事を印刷

各種月間等のバージョンアップについて

 地球温暖化をはじめ多岐にわたる環境問題は、誰がみても待ったなしの危機的状況が迫ってきており、環境省の役割は益々大きくなっており、機動的・機能的な環境省としてのあるべき姿を改めて明確にすることが必要です。
 こうした中、過去の価値観を継承し、当たり前のように繰り返されてきた各種「月間」について、より強力に進める体制を構築するためのバージョンアップを図ることとします。

 環境省では、八木環境大臣政務官及び加藤環境大臣政務官をヘッドとする検討チームを設けて、各種月間等のバージョンアップを図るための検討を行ってきました。

 今般、検討結果を別添のとおり取りまとめました。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総務課広報室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8213
  • 室長平尾 禎秀(内線 6081)
  • 室長補佐川久保 康範(内線 6082)
  • 係長古川 由美子(内線 6085)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ