報道発表資料

令和2年3月16日
総合政策
この記事を印刷

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)のリニューアルについて

 環境省が国際連合大学と共同運営している地球環境パートナーシッププラザ※(GEOC:東京都渋谷区)は、3月10日(火)にリニューアルしました。開放的で、企業、団体、NGO/NPOなどに活用いただきやすい施設になっています。
 また、施設のリニューアルと同時に、GEOCのウェブサイトもリニューアルしました。SDGsや、環境省が推進する地域循環共生圏(ローカルSDGs)に関する国内外の動向、新着情報の発信を一段と充実させていきます。

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)は、NPO、市民、企業、行政等の各主体がパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す拠点として1996年に国際連合大学1階に開設されました。英名Global Environment Outreach Centreの略称である「ジオック」の呼称で呼ばれています。情報発信に加えて併設するセミナースペースは無料で利用することができることから、様々な年代・セクターが活用しイベントが実施されており年間3万人超の来場者があります。

①地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)のリニューアルの概要

 ○セミナースペースのリニューアル

 (リニューアルしたGEOC館内)

 ディスプレイ棚と企画展示コーナーには、環境省のほか、企業、団体、NGO/NPOなど各種のSDGs情報が配置されています。

 ○GEOC利用ガイドの作成(リニューアルに併せ、GEOCを活用していただきたい企業等に向けたガイドを作成しました。)

<施設利用ガイドのコンセプト>

  ・つたわる(企画・事業・組織の発信)

  ・つどう(多様なステークホルダーとの出会い)

  ・つながる(事業の掛け算を生み出すつながり) 

  ※本ニューアルに際し協力いただいたコクヨ(株)は、

  2006年から間伐材の有効活用を中心とした森林保全活動を行う「結の森プロジェクト」を実施しており、「人工林の再生」と「自然環境と地域社会の再生」に貢献しています  (https://www.kokuyo.co.jp/csr/yui/)。

  GEOCでもコクヨ(株)と連携し、館内で間伐材の机椅子を使用し森林資源の活用と保全活動の啓発を行っています。

②GEOCのウェブサイトリニューアルの概要

 ○GEOCウェブサイトにSDGsや地域循環共生圏の情報サイトをオープンしました。

 ・環境省の地域循環共生圏情報のほか、地域での取組動向を掲載します。また、国内外のSDGs情報を集めた コーナーを新設しています。

  (トップページ) http://www.geoc.jp/

  (情報サイトURL)http://mail.geoc.jp/activity/chiikijunkan/sdgslocalnews.html

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総合政策課民間活動支援室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3406-5181
  • 室長三木 清香(内線 6240)
  • 室長補佐長谷川 学

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ