報道発表資料

令和2年2月13日
大臣官房
この記事を印刷

ESG金融ハイレベル・パネル(第2回)の開催について

 国際的なサステナブルファイナンスの潮流を受けて、我が国においても環境・社会・ガバナンスの要素を考慮するESG金融への取組が急速に拡大しています。環境省では、ESG金融懇談会提言(2018年7月取りまとめ)を踏まえ、我が国におけるESG金融のさらなる主流化に向けて、各業界トップが一同に会するESG金融ハイレベル・パネル(第2回)を開催します。

1.開催趣旨

 ESG金融懇談会提言(2018年7月取りまとめ)においては、『金融・投資分野の各業界トップと国が連携し、ESG金融に関する意識と取組を高めていくための議論を行い、行動する場として「ESG金融ハイレベル・パネル」(仮称)を設置し、本提言に基づく取組状況を定期的にフォローアップしていく』こととされており、昨年2月にこれを設置いたしました。

 本パネルでは、提言に基づく取組状況を定期的にフォローアップし、ESG金融に関する意識と取組を高めていくための議論を行うとともに、行動する場とすることで、ESG金融を新たな成長のドライバーとして、ESG金融大国の実現に向けた取組を進めてまいります。

2.開催概要

日時:2020年3月10日(火)13:00~16:30(予定)

会場:東京国際フォーラム ホールB5(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

議題:

(1)基調講演

- 基調講演①:増田 寛也 東京大学 大学院 客員教授(元総務大臣)

- 基調講演②:Philipp Hildebrand BlackRock Vice Chairman

(2)直接金融業界による取組について

- 講演:調整中

- 意見交換

(3)間接金融業界による取組について

- 講演:髙島 誠 一般社団法人全国銀行協会 会長、株式会社三井住友銀行 頭取CEO

- 意見交換

(4)今後の進め方について

※議題は追加又は変更となる場合があります。

3.ハイレベル・パネルメンバー

  別添をご覧ください。

4.傍聴について

(1)傍聴を希望する場合は、3月3日(火)までに、以下の申込フォームを通じてお申し込みください。

 申込URL:https://www.e-toroku.jp/ticket/user/form/index?form_id=esghlp 

※事前にお申込みのない方の当日受付はいたしかねますので、御了承ください。

※複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

※傍聴希望者が多数の場合は、抽選といたします。抽選の結果、東京国際フォーラム内のサテライト会場にて傍聴いただく場合や、傍聴いただけない場合もございますのであらかじめ御了承ください。

※傍聴登録の可否につきましては、傍聴登録申込みの締切り後、傍聴登録証を登録いただいたメールアドレス宛にお送りしますので、当日は身分を証明するものと併せて必ずお持ちください。

<報道関係者の方へ>

取材を希望する報道関係者の方は、以下の専用フォームを通じてお申し込みください。

申込URL:https://www.e-toroku.jp/ticket/user/form/index?form_id=esghlppress

(2)環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。

本パネルの資料については、本ページ及び下記の環境省ウェブサイト上に掲載予定です。

http://www.env.go.jp/policy/esghighlevel.html

会場において環境省ウェブサイトに掲載された資料を閲覧される場合には、御自身で通信環境を御用意いただくようお願いいたします。※当日の印刷配布はいたしません。

5.問合せ先

株式会社野村総合研究所 社会システムコンサルティング部内

ESG金融ハイレベル・パネル事務局  担当:新美・市原

E-mail:2019-esg-hlp@nri.co.jp / TEL:03-5877-7349

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8240
  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 室長芝川 正(内線 6278)
  • 室長補佐田辺 敬章(内線 6268)
  • 担当松田 幸子(内線 6275)
  • 担当石井 規雄(内線 6291)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ