報道発表資料

令和2年2月3日
保健対策
この記事を印刷

欧州における化学物質管理政策最新動向セミナーについて

 令和2年3月5日(木)に「欧州における化学物質管理政策最新動向セミナー」を開催します。
 欧州化学物質庁(ECHA)並びに欧州委員会(EC)の担当官が来日し、欧州における化学物質管理政策の最新動向に関して講演を行うとともに、参加者との質疑応答を予定しています。
 セミナーへの参加は無料ですが、事前登録が必要です。御関心のある方の参加を広くお待ちしています。

※本セミナーの開催を中止いたします。

 本セミナーについては、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催を中止することといたしました。参加を予定していた皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

1.開催趣旨

   環境省では、国際的な化学物質対策についての国内関係者の理解及び対処能力の向上並

  びに、諸外国の関係者との相互理解の向上による国際調和に向けた取組の加速化を目的と

  する化学物質国際対応ネットワークを運営しています。本ネットワークの活動の一環とし

  て、各主体間における情報共有及び連携強化のため、欧州における化学物質管理政策最新

  動向セミナーを開催します。

   欧州では、欧州REACHの下での化学物質登録を2018年に終えました。また、SAICM20

  20目標の期限を目前に控え、欧州のSAICMへの対応、そして2020年以降のポストSAICM

  対応について、その動向が注視されているところです。

   今回のセミナーでは、欧州における化学物質管理政策の最新動向について御紹介します。

2.日時

   令和年3月5日(木) 13:00-15:30 (12:15から受付開始)

3.開催場所

   東京大学伊藤国際学術研究センター(地下2階 伊藤謝恩ホール) 

  (〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)

   ※アクセスはこちらを御参照ください。 https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/iirc/ja/access.html

4.プログラム(予定)

Schedule

Program

12:15-13:00

受付

13:00-13:05

開会挨拶(環境省)

13:05-13:55

EUにおける化学物質管理の最新動向:ポストSAICM等(仮題)

講師:

Dr. Sylvain Bintein

欧州委員会(EC)環境総局

政策コーディネーター- REACH, CLPの化学物質担当

13:55-14:10

質疑応答 ※事前質問あり(事前質問は参加票送付時に受け付けます。)

14:10-14:25

休憩

14:25-15:15

EUにおける化学物質管理の最新動向:REACH、BPR、CLP等(仮題)

講師

Mr. Jukka Malm

欧州化学物質庁(ECHA)

副長官

15:15-15:30

質疑応答 ※事前質問あり(事前質問は参加票送付時に受け付けます。)

15:30-

閉会

5.申込み

 参加費 無料

 定員  300名 (定員を超える申込みがあった場合は抽選を行い、後日事務局よりメールで参加の可否につい

 てご連絡いたします。)

 言語  日英同時通訳 

 参加申込期間 令和年2月3日(月)~令和2年2月14日(金) 15:00必着

 事前申込みが必要です。下記の化学物質国際対応ネットワークウェブサイトからお申込みください。※取材の

 申し込みにつきましては、下記問合せ窓口に直接お問い合わせください。

 御 案 内:http://chemical-net.env.go.jp/   

 お申込み:https://a10.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=436&g=64&f=127

6.お問合せ窓口

  化学物質国際対応ネットワーク事務局(一般社団法人海外環境協力センター 内)

  担当 藤瀬、小牧、成瀬

  TEL 03-6803-4291 / FAX 03-5472-0145 / Email chemical-net@oecc.or.jp

                      

連絡先

環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8253
  • 室長柳田 貴広(内線 6309)
  • 室長補佐赤石 唯(内線 6333)
  • 担当日高 克見(内線 6328)
ページ先頭へ