報道発表資料

令和元年11月12日
地球環境
この記事を印刷

環境配慮型CCS実証事業に関する国際アドバイザリーボード会合の開催について

 令和元年11 月18日(月)・19日(火)に環境配慮型CCS実証事業に関する国際アドバイザリーボード会合を開催します。

 

 地球温暖化対策の推進にあたり、二酸化炭素(CO2)削減対策技術の実用化・普及は重要であり、省エネ・再エネの対策を進めつつ、同時にCO2排出源から大気中への放出を大幅に削減できる技術として、CO2の回収・有効利用・貯留(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage;CCUS)の技術開発等も進める必要があります。

 このような背景の下、環境省では関連技術の実証事業等を進めており、本事業の運営に関して、海外有識者による専門的知見に基づく助言等を賜るアドバイザリーボード会合を、令和元年11月18日(月)・19日(火)の2日間に亘り、下記のとおり開催します。なお、本会合は非公開(一部取材可)で行います。

1.アドバイザリーボード会合開催の案内

  

 開催日時 令和元年11月18日(13:00~17:05)・19日(10:00~16:30)

 開催場所 ベルサール東京日本橋

      〒103-6005東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 4F Room J

 議題  1. 海外有識者による講演及びディスカッション(1日目)【取材可】

     (1) 開会(13:00~)

     (2) 日本におけるCCS施策とプロジェクトの概要について

        (相澤 寛史, 13:05~)

     (3) 英国におけるCCS開発状況とAcorn CCSプロジェクトの進捗状況

        (Ms. Kirsty Lynch, 13:35~)

     (4) CO2の回収率向上とネガティブエミッション技術について

        (Prof. Kelly Thambimuthu, 14:20~)

     (5) ネガティブエミッションの実現におけるCCSの役割

        (Mr. Howard J. Herzog, 15:35~)

     (6) 貯留技術の開発動向

        (Mr. Niels Peter Christensen, 16:20~)

     (7)閉会(17:05~)

     2. 環境省事業の進捗状況の説明及びディスカッション(2日目)【(7)のみ取材可】

     (1) 開会(10:00~)

     (2) 分離回収(10:05~)

     (3) 輸送(10:45~)

     (4) 海洋環境モニタリング(13:00~)

     (5) 貯留(13:20~)

     (6) 円滑な導入手法(14:00~)

     (7) 総合ディスカッション(16:00~)

     (8) 閉会(16:30~)

     ※講演等は日・英同時通訳が入ります。

 <有識者一覧>

氏名 所属等
Prof. Kelly Thambimuthu      

Chairman, IEA GHG

Distinguished Scientist, CO2CRC, Australia   

Mr. Howard J. Herzog Senior Researcher Engineer, MIT Energy Initiative
Ms. Kirsty Lynch Senior Business Consultant, Pale Blue Dot Energy
Mr Niels Peter Christensen Professor Emeritus
Prof. Shuichiro Hirai

Professor, Department of Mechanical Engineering, School of

Engineering, Tokyo Institute of Technology

Mr. Takashi Hongo Senior Fellow, Mitsui & Co. Global Strategic Studies Institute

2.アドバイザリーボード会合の取材について

            

 当日の取材を希望される方は、件名に「国際アドバイザリーボード会合 取材希望」と明記し、本文に氏名、連絡先(電子メールアドレス、電話番号、FAX番号)、会社名(所属、役職)を御記入の上、3.に記載の連絡先まで電子メールで御登録ください。

 また、カメラ撮りを希望される場合には、その旨も併せて御連絡願います。

 なお、カメラ撮りは冒頭(議題1.(1))のみとさせていただきます。

3.取材希望の連絡先

  

 みずほ情報総研株式会社 事務局 担当:野原、帆秋、萩

 〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2-3 Tel: 03-5281-5295 

 e-mail: mailto:ccs-application19@mizuho-ir.co.jp

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐日坂 仁(内線 7725)
  • 担当石川 俊行(内線 7729)
  • 担当葛岡 義和(内線 7721)
ページ先頭へ