報道発表資料

令和元年9月20日
保健対策
この記事を印刷

第13回日中韓化学物質管理政策対話の開催について

 令和元年10月28日(月)から10月30日(水)まで、第13回日中韓化学物質管理政策対話(以下「化学物質管理政策対話」という。)を福岡で開催します。これは、平成18年12月に開催された第8回日中韓三カ国環境大臣会合において「化学物質管理に関する政策や規制に関する情報交換の推進」について合意されたことを受け、開始したものです。
 第13回化学物質管理政策対話では、日中韓の政策・規制の最新情報、生態毒性試験に関する日中韓共同研究等について政府関係者、専門家等による情報交換を行うとともに、日中韓の化学物質管理政策に関する公開セミナーを開催します。なお、公開セミナーについては、参加者を募集します。

  1. これまでの経緯

     平成18年12月に開催された第8回日中韓三カ国環境大臣会合において「化学物質管理に関する政策や規制に関する情報交換の推進」について合意されたことを受け、平成19年より化学物質政策対話を開始しました。これまでに12回(平成19年(日本、東京)、平成20年(韓国、ソウル)、平成21年(中国、北京)、平成22年(日本、東京)、平成23年(韓国、済州島))、平成24年(中国、杭州)、平成25年(日本、京都)、平成26年(韓国、済州島)、平成27年(中国、南京))、平成28年(日本、東京)、平成29年(韓国、麗水)、平成30年(中国、蘇州))開催しています。

  2. 概要

    日時  令和元年10月28日(月)~10月30日(水)

    場所  ソラリア西鉄ホテル福岡(〒810-0001 福岡市中央区天神2-2-43)

    出席者 我が国からは環境省化学物質審査室長ほか、環境省の担当官・専門家等、

        中国生態環境部及び韓国環境部の政府関係者、専門家等

  3. 予定される議論の概要

    (1)日中韓の化学物質管理に関する専門家会合(非公開)

     日時  10月28日(月) 9:00~18:10

     会場  8階「北斗」

     出席者 日中韓の政府関係者及び専門家等

     内容 1) 生態毒性試験に関する日中韓共同研究について

        2) リスク評価における技術的手法について

        3) 生態毒性試験に関する今後の展望について

        4) 専門家会合における今後の協力に関する意見交換

    (2)第13回日中韓政府事務レベル会合(非公開)

     日時  10月29日(火) 9:00~17:55

     会場  8階「北斗」

     出席者 日中韓の政府関係者及び専門家等

     内容 1) 化学物質管理政策の最新動向に関する情報交換

        2) 関連法令を含む化学物質管理制度全般に関する情報交換

        3) 化学物質管理制度の実施に関する意見交換

        4) 化学物質政策対話における今後の協力に関する意見交換

    (3)日中韓の化学物質管理政策に関するセミナー(公開)

     日時  10月30日(水) 9:30~12:15

     会場  8階「雪・月」

     出席者 日中韓の政府関係者、専門家及び一般参加者※

     内容  日中韓の化学物質管理政策、法令・運用の最新情報について

    ※セミナーは事前申込制です。参加申込は、「化学物質国際対応ネットワーク」のウェブサイト(http://chemical-net.env.go.jp/)で受付します。

    申し込みフォーム:URL https://a10.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=436&g=56&f=111

    ※化学物質国際対応ネットワーク

    平成19年7月に、EUの新たな化学物質規制など我が国の経済活動にも影響を及ぼす海外の化学物質 対策の動きへ対応を強化するために、化学産業や化学物質のユーザー企業、関係省庁等が幹事となって発足しました。

連絡先

環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8253
  • 室長柳田 貴広(内線 6309)
  • 室長補佐赤石 唯(内線 6333)
  • 担当日高 克見(内線 6328)
ページ先頭へ