報道発表資料

令和元年6月25日
保健対策
この記事を印刷

平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業の公募結果について

「平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業」の公募結果についてお知らせします。

1. 公募結果

 環境省は、「平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業」について、実証事業を平成31年4月19日(金)から令和元年5月23日(木)の期間に公募を行い、審査委員会において厳正なる審査を行った結果、以下の事業を採択することを決定いたしました。

事業名 事業実施者
祇園祭における暑さ対策の持続的な実施枠組みの検討事業

環境情報科学センター

京都市
東日本連携による雪を活用した熱中症予防対策実証事業

さいたま市

南魚沼市
地域の熱中症リスク管理に向けたプラットフォームの検討事業

環境情報科学センター

吹田市

近畿環境パートナーシップオフィス(きんき環境館)
官民が連携した高齢者宅への熱中症対策推進事業

静岡ガスリビング株式会社

静岡市
教育施設(大学)での夏季高温時の活動における熱中症発症抑制の取り組み事業 学校法人 日本工業大学
教育機関(小中高等学校)内におけるWBGT活用による熱中症発生の低減実証事業

「熱中症ゼロへ」プロジェクト

(一般財団法人日本気象協会、株式会社ヒロモリ)

室内熱中症ゼロを目指して!外付日よけ「スタイルシェード」実証実験プロジェクト

株式会社LIXIL

熊谷市

東京大学 前真之 准教授
警備員を対象としたウェアラブルデバイスによる熱中症対策の実証事業

綜合警備保障株式会社

Biodata Bank株式会社

人体の熱ごもりを測定するデバイスを用いて「個人」にフォーカスした新しい熱中症対策の検討事業

Biodata Bank株式会社

2. 今後の予定

 令和元年の夏に実証事業を実施し、結果は「熱中症予防対策ガイダンス」として令和3年を目処にとりまとめる予定です。

連絡先

環境省大臣官房環境保健部環境安全課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8261
  • 課長瀬川 恵子(内線 6350)
  • 主査石橋 七生(内線 6365)

関連情報

ページ先頭へ