報道発表資料

令和元年6月7日
再生循環
この記事を印刷

世界循環経済フォーラム2019の結果について

 6月3日(月)~5日(水)にヘルシンキ(フィンランド)において「世界循環経済フォーラム2019(WCEF2019)」が開催されました。我が国からはあきもと環境副大臣が出席し、開会式にて昨年度主催した世界循環経済フォーラム2018の結果、我が国の循環型社会の構築に向けた取組、G20に向けた海洋プラスチックごみ対策等について講演を行いました。
 また、フィンランドのティーリカイネン住宅・エネルギー・環境大臣とのバイ会談を行い、今後の循環経済の取組や調査研究等の両国の協力について意見交換しました。

1.日程

 令和元年6月3日(月)~5日(水)

2.場所  

 フィンランド共和国 ヘルシンキ

3.フォーラムの概要

 世界循環経済フォーラム2019(WCEF2019)では、世界各国の閣僚クラスを含む政府関係者、自治体、国際協力機関、民間事業者、学術団体、NGO等、約90か国から2,200人以上が一堂に会し、以下をテーマとする全体会合や分科会において、各国の循環経済に関する政策やビジネスについての情報・意見交換が行われました。
 
・循環経済ビジネスの加速
・都市部における循環経済
・循環経済のロードマップとガバナンス
・アフリカにおける循環経済
・循環経済ビジネスを可能にする環境の構築
・循環経済と国際貿易
・プラスチックと循環経済
・建設業における循環経済
・循環経済の測定とデータの公正利用
・循環経済の生涯学習
・循環経済ビジネスにおける投資
・循環経済と水
・循環経済における低炭素産業
・日常における循環経済

4.環境省の貢献等

 我が国からはあきもと環境副大臣が出席し、開会式にて昨年度主催した世界循環経済フォーラム2018の結果、我が国の循環型社会の構築に向けた取組、G20に向けた海洋プラスチックごみ対策等について講演を行いました。
 また、フィンランドのティーリカイネン住宅・エネルギー・環境大臣とのバイ会談を行い、今後の循環経済の取組や調査研究等の両国の協力について意見交換しました。
 今後も引き続き、世界循環経済フォーラム等の様々な機会を通じ、我が国の循環型社会の構築に向けた取組を世界に発信して参ります。

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8336
  • 課  長土居 健太郎(内線 6811)
  • 室長補佐小沼 信之(内線 6898)
  • 担  当三宅 慶典(内線 6892)
ページ先頭へ