報道発表資料

平成31年4月15日
地球環境
この記事を印刷

第5回日中ハイレベル経済対話等の結果について

 4月14日、北京において開催された第5回日中ハイレベル経済対話に原田環境大臣が参加しました。本対話では、二国間・多国間の協力や課題につき関係閣僚間で幅広い議論を行い、原田環境大臣からは、海洋プラスチックごみを含む地球規模課題への対応等について発言を行いました。
 また、北京訪問中、原田環境大臣と李幹傑中国生態環境部長とのバイ会談を行い、両省が今後さらに協力関係を強化していくことを確認しました。

【第5回日中ハイレベル経済対話】

1.経緯

 日中ハイレベル経済対話は、2006年10月の安倍総理大臣訪中の際、日中両首脳の間で創設に合意したもので、これまでに4回開催されています。今次第5回対話においては、昨年の第4回対話と同様、日本側は河野外務大臣、中国側は王毅(おう・き)国務委員兼外交部長が議長を務め、双方から複数の経済関係閣僚が出席しました。

2.概要

(1)開催日

 平成31年4月14日(日)

(2)開催場所

 中華人民共和国 北京

(3)主催

 日本国政府、中華人民共和国政府

(4)主な出席者

 日本側出席者:

 河野外務大臣(日本側議長)、原田環境大臣、 よし川農水大臣、世耕経産大臣、石井国交大臣、片山内閣府特命担当大臣(地方創生)、田中内閣府副大臣(金融、経済財政政策)、伊佐財務大臣政務官、和泉総理補佐官 他

中国側出席者:

 王毅国務委員兼外交部長(中国側議長)、鐘山商務部長、苗 う工業信息化部長、李幹傑生態環境部長、韓長賦農村農業部副部長、張勇発展改革委員会副主任 他 

3.結果概要

 本対話では、本年のあり得るべき習近平国家主席訪日も見据え、①マクロ経済政策等、②二国間経済協力及び交流、③日中ハイレベル経済対話の下での重要な協力(日中第三国市場協力や日中イノベーション協力対話)、④地域・世界経済及び地球規模課題(気候変動、海洋ごみ、生物多様性等)への対応等について幅広く意見交換を行いました。

 原田環境大臣からは、日中環境協力の強化を確認したほか、海洋プラスチックごみや気候変動、生物多様性の保全といった地球規模の環境課題について、両国で連携して取り組んでいく旨の発言を行いました。

4.次回会合

 日中両国は、双方の都合のつく適当な時期に、日本で第6回日中ハイレベル経済対話を開催することで一致しました。

【日中バイ会談】

1.概要

(1)開催日

 平成31年4月15日(月)

(2)開催場所

 中華人民共和国 北京

(3)出席者

 日本側:

 原田義昭 環境大臣 他

 中国側:

 李幹傑 生態環境部長 他 

2.結果概要

 両省におけるこれまでの環境協力の成果を踏まえ、年内に包括的な協力覚書を署名することについて合意しました。

 また、本年6月に日本で開催するG20に向けて、海洋プラスチックごみ対策の推進について両省が協力することを確認しました。

 そのほか、生物多様性、気候変動、大気汚染対策、浄化槽等の各分野における連携の強化について意見交換を行いました。

連絡先

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8248
  • 室長杉本 留三(内線 6765)
  • 室長補佐西川 絢子(内線 7785)
  • 担当有馬 牧子(内線 6766)
ページ先頭へ