報道発表資料

平成31年4月8日
地球環境
この記事を印刷

2019年度(平成31年度)IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業の公募について

 2019年度(平成31年度)IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業の公募を実施しておりますので、お知らせします。

1.事業の概要

「SDGs」や「パリ協定」を踏まえ、脱炭素イノベーションによる地域社会・経済システムの変革が不可避となっています。このため、各地域がその特性を生かした強みを発揮し、地域ごとに異なる資源が循環する自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて近隣地域等と共生・対流し、より広域的なネットワークを構築していく「地域循環共生圏」の創造が必要となっています。

 環境省は、今後の更なる脱炭素社会の推進と地域循環共生圏の構築を見据え、地域交通の脱炭素化と地域が抱える様々な交通課題の解決を同時実現に資するモビリティであるグリーンスローモビリティ(電動で、時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上のモビリティ)について、各地域で持続可能なIoT技術等と組み合わせた活用方法の効果・事業性を実証する事業を実施します。

2.公募実施期間

平成31年4月3日(水) ~ 平成31年4月26日(金)17時

3.公募対象

地方公共団体等によるコンソーシアム

4.実施期間

実施期間は事業性の検証に必要な期間としますが、最長3ヵ年とします。

5.応募方法

 本事業へ応募される場合には、下記の環境省ホームページから本事業の応募様式等をダウンロードし、公募要領にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

「2019年度(平成31年度)IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業の公募」

http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/green_slow_mobility/IoT_kobo.html

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8355
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐市川 善浩(内線 6759)
  • 係長西山 卓也(内線 6729)
  • 担当佐藤 佑輔(内線 6762)
ページ先頭へ