報道発表資料

平成31年3月22日
地球環境
この記事を印刷

IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウムの開催について

 IPCC第49回総会開催期間中の本年5月11 日(土)に京都市で、「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」を開催します。なお、参加には事前申込みが必要です。

1.概要
 本年5月8~12日に京都市で開催予定のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)第49回総会を契機として、気候変動問題に対する関心や環境にやさしい取組の実践に係る意識をより一層高めていただくため、「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」を開催します。
 なお、本シンポジウムに関する情報は、フェイスブック(https://www.facebook.com/doyoukyoto/)でも随時、追加・更新しますので、御覧ください。

2.日程等
日時  2019年5月11日(土)10:30~18:00
場所  国立京都国際会館 アネックスホール 
 〒606-0001 京都市左京区岩倉大鷺町422番地
*お越しの際は公共交通機関を御利用ください(最寄り:京都市営地下鉄「国際会館」駅、京都市営バス「国際会館駅前」停)。
主催  京都市
共催  環境省、京都大学、大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所、一般財団法人イクレイ日本、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会、公益財団法人地球環境戦略機関
定員  300名
*同時通訳(日本語・英語)あり

3.内容(予定)
(10:30~12:00)
◆主催者等挨拶    門川大作(京都市長)他
◆特別講演      安成哲三(総合地球環境学研究所所長)
(13:00~15:55)
◆挨拶        環境省
◆パネルディスカッション1
 「世界の動きと日本の脱炭素化に向けたゆくえ~1.5度特別報告書を受けて~」
 登壇者
  ファシリテーター 石川智子(地球環境戦略機関ナレッジマネージメント・連携担当ディレクター)
  パネリスト    環境省(予定)
           IPCC第3作業部会共同議長(予定)
           江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター副センター長)
           田村堅太郎(地球環境戦略機関気候変動とエネルギー領域研究リーダー)
◆パネルディスカッション2
 「京都の挑戦~プロジェクト"0(ゼロ)"への道~」
 登壇者
  ファシリテーター 新川達郎(京のアジェンダ21フォーラム代表)
  パネリスト    門川大作(京都市長)
           山極壽一(京都大学総長)
           西本清一(京都市産業技術研究所理事長・京都高度技術研究所理事長)
◆クロージングセッション
 登壇者       門川大作(京都市長)
           安成哲三(総合地球環境学研究所所長)
           浜中裕徳(イクレイ日本理事長)
           高月紘(京都市環境保全活動推進協会理事長)
           他
(16:00~18:00)
◆京都大学総長と若手研究者による座談会
 登壇者       山極壽一(京都大学総長)
           他

4.参加申込
 参加料無料、事前申込制となっております。
(1) 一般参加者
 4月2日(火)~4月22日(月)に「京都いつでもコール」のウェブサイトの送信フォーム(https://www.city.kyoto.lg.jp/menu5/category/72-9-2-0-0-0-0-0-0-0.html)、電話(075-661-3755)またはFax(075-661-5855)からお申し込み下さい。
*参加募集は期限内であっても定員に達し次第締め切らせて頂きます。ご了承ください
(2) 報道関係者
 322日(金)~59日(木)に京都市環境政策局地球温暖化対策室まで必要事項(社名、御担当者名、携帯電話番号、メールアドレス、カメラ(テレビ、スチール)の有無)をご記入のうえ、電子メールge@city.kyoto.lg.jp)で連絡頂きますようお願いいたします。

連絡先

環境省地球環境局総務課研究調査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8247
  • 室長大井通博(内線 6730)
  • 室長補佐長谷代子(内線 7761)
  • 担当濱和宏(内線 7764)
ページ先頭へ