報道発表資料

平成31年2月28日
大臣官房
この記事を印刷

「ESG対話プラットフォームシンポジウム」の開催について

環境省では、環境活動に積極的に取り組む企業が投資家等から適切に評価され、資金が流れる持続可能な社会の構築を目指し、企業と投資家等が集い、環境情報を中心とした対話を行う「環境情報開示基盤(ESG対話プラットフォーム)」の実証事業を進めてきました。
本シンポジウムでは、今年度の事業成果報告やTCFDシナリオ分析支援事業等、環境省の事業を御紹介いたします。また、今年度のプログラムを通じて直接対話を行った企業と投資家によるパネルディスカッションでは、ESG対話の実例について御紹介をいただく予定であり、ESG情報開示や企業と投資家等との対話に関心のある各方面の方々に広く参加いただける内容としております。

1.開催概要

「ESG対話プラットフォームシンポジウム(平成30年度 環境情報開示基盤整備事業成果報告会)」

(1)日時:平成31年3月19日(火) 13:30~17:00(受付開始13:00)

(2)会場:イイノホール

(東京都千代田区内幸町 2-1-1 飯野ビルディング4階)

東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結

東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分

東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分

(3)プログラム(予定)

・主催者挨拶(環境省)

・基調メッセージ

吉高 まり氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 環境戦略アドバイザリー部 チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト)

・事業成果報告

大塚 俊和氏(株式会社NTTデータ経営研究所 シニアマネージャー)

・環境省の事業紹介

TCFDに沿った気候リスク・チャンスのシナリオ分析支援事業、21世紀金融行動原則からの提言御紹介

・パネルディスカッション

※パネリスト:企業、投資家等より数社を予定

・閉会挨拶

河口 真理子氏(本事業ワーキング・グループ委員/株式会社大和総研 研究主幹)

(4)後援:東京証券取引所/日本取引所グループ

2.申込方法

本報告会への参加を希望される方は、下記へアクセスの上、申し込みください。

締切:3月12日(火)

http://envreport-entry.force.com/symposium2019

※報告会のプログラム等の最新情報を随時掲載します。

定員:700名 先着順

※申込が定員に達した場合は申込終了となります。

※定員にはサテライト会場も含みます。ホール内の座席(500名)は当日の先着順となります。

※個人情報の取扱い

参加受付は、環境省より業務を請け負う株式会社NTTデータが担当しております。

・お預かりする個人情報は、本シンポジウムの参加受付並びに本事業に関する御連絡、情報提供に利用させていただきます。その他の目的で利用することは一切ございません。

・お預かりした個人情報を集計作業等のために他に預託することはございません。

・お預かりする個人情報は、株式会社NTTデータの「個人情報保護方針」http://www.nttdata.com/jp/ja/privacy_policy/及び「お客様の個人情報のお取扱いについて」http://www.nttdata.com/jp/ja/privacy_policy/customer.htmlに従って適切に取り扱います。

・個人情報の御提供に同意いただけない場合は、本シンポジウムへの参加ができない場合がございます。

・お預かりしている個人情報の削除等のお申出、その他のお問合せにつきましては、下記の問合せ先まで御連絡ください。

3.問合せ先

申込方法や本報告会についてのお問合わせ、マスコミ関係者で取材を希望(当日のカメラ撮影等も含む)される方は、下記事務局へ御連絡ください。

[事務局]

株式会社NTTデータ(担当:森田、田中、高橋)

電話: 050-5545-6516

E-mail: env_report@am.nttdata.co.jp

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8229
  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 課長補佐菅生 直美(内線 6263)
  • 担当今泉 由紀子(内線 6286)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ