報道発表資料

平成31年1月29日
自然環境
この記事を印刷

外来生物法第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの飼養等許可の運用に係る説明会の開催について

 環境省は、平成29年4月に農林水産省とともに策定した「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」に基づき、外来生物法第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの「生業の維持」の目的での飼養等の許可の運用を、平成31年9月より順次、変更することとしました。
 当該変更の趣旨等を説明するため、説明会を開催します。

1.概要

 環境省及び農林水産省は、特定外来生物であるセイヨウオオマルハナバチについて、平成29年4月に「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を策定しました。利用方針では、セイヨウオオマルハナバチを利用し続けることによる生物の多様性に係るリスクを再確認するとともに、セイヨウオオマルハナバチの代替種としてクロマルハナバチ等の在来マルハナバチが開発されていることから、その適切な利用の促進を図り、セイヨウオオマルハナバチの総出荷量(北海道を除く)を平成32年までに半減することを目指すとの目標が示されました。今後は、クロマルハナバチ等の代替種を適切に利用しつつ、セイヨウオオマルハナバチの利用を減らしていくことが重要です。

 このような状況に鑑み、環境省は特定外来生物による生態系に係る被害の防止に関する法律(以下、「外来生物法」という。)第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの「生業の維持」の目的での飼養等の許可の運用を、平成31年9月より順次変更することとしました。

 つきましては、当該変更の趣旨等を説明するため、マルハナバチを利用している農業者や関係機関を対象に、下記のとおり、説明会を開催します。

2.開催日時及び場所

(1)名古屋会場

   日時 平成31年2月4日(月)14:00~16:00 (受付開始13:30)

   会場 東海農政局 第1会議室

   所在地 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-2

   *会場周辺には駐車場はございませんので、御来場の際は公共交通機関を御利用ください。

(2)さいたま会場

   日時 平成31年2月8日(金)14:00~16:00 (受付開始13:30)

   会場 関東地方環境事務所 会議室

   所在地 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2

       明治安田生命さいたま新都心ビル18F

   *会場に駐車場の御用意はありませんので、御来場の際は公共交通機関を御利用いただくか、周辺の民間

    駐車場を御利用ください。

(3)熊本会場

   日時 平成31年2月19日(火)14:00~16:00 (受付開始13:30)

   会場 熊本地方合同庁舎A棟1階 会議室

   所在地 熊本県熊本市西区春日2-10-1

   *一般来庁者用駐車場に余裕がないことから共用会議室の利用者は一般来庁者用駐車場が利用できないこ

    ととなっておりますので、御来場の際は公共交通機関を御利用いただくか、お車の場合には近隣の有料

    駐車場を御利用ください。    

3.内容

(1)外来生物法第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用について                          

(2)養蜂等振興強化推進事業による代替種への転換支援について

(3)クロマルハナバチの習性を踏まえた使い方について

(4)セイヨウオオマルハナバチから代替種への転換事例について

(5)質疑                              

4.対象者

 都道府県、市町村、JA、農業者、マルハナバチ販売事業者等

5.参加申込方法

 参加には事前登録が必要です(先着順)。参加を希望される方は、Eメール又はFAXにより、会場ごとに①勤務先・所属団体等の名称、②氏名(ふりがな)、③連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)、を記入の上、お申込みください。

 なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

*申込方法等の詳細は別添資料を参照ください。

 ○別添1:申込方法詳細

 ○別添2~4:会場案内図

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8344
  • 室長北橋 義明
  • 室長補佐八元 綾
  • 専門官深谷 雪雄(内線 7478)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ