報道発表資料

平成31年2月1日
総合政策
この記事を印刷

2019年度(平成31年度)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(エコリース促進事業)に係る指定リース事業者の募集について

 環境省では、低炭素機器の導入に際して多額の初期投資費用(頭金)を負担することが困難な中小企業等を中心に、頭金のないリースという手法を活用することによって低炭素機器の普及を加速化していくため、リースにより低炭素機器を導入した際に補助金を交付する「エコリース促進事業」を実施することとしており、この度、本事業に係る指定リース事業者の公募を行いますので、お知らせします。
 なお、本公募は2019年度(平成31年度)予算の成立が前提となるものです。

1.事業の概要

 「エコリース促進事業」は、地球環境の保全に資する観点から、リース料の低減を通じ低炭素機器の普及を促進するため、低炭素機器をリースにより提供する事業者に対して補助金を交付する事業です。この度、本事業に係るリース事業者を公募します。

2.公募実施期間

 平成31年2月1日(金)~平成31年2月22日(金)17時

3.対象

 リース事業を営む事業者

4.予算及び実施期間

 予算:19億円(現在、2019年度(平成31年度)予算案に計上されている額)

 実施期間:原則として単年度とします。

5.応募方法

 以下の「添付書類」から応募書類をダウンロードし、公募要領等にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

 

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8240
  • 課長西村 治彦(内線 6260)
  • 課長補佐永田 綾(内線 6251)
  • 担当長岡 健志(内線 6291)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ