報道発表資料

平成31年1月31日
再生循環
この記事を印刷

日本国環境省とカタール自治問題・環境省の間の廃棄物処理分野での協力覚書の署名について

 1月29日(火)、カタール国のタミーム首長来日を機に、原田環境大臣及びムハンマド副首相兼外相は、廃棄物処理分野における両国の協力の推進を目的とした、「日本国環境省及びカタール国自治問題・環境省との間の廃棄物処理分野における協力覚書」に署名しました。

1.経緯

 2018年5月、伊藤環境副大臣(当時)のカタール国訪問時に、ルメイヒ自治問題・環境大臣(当時)と面会し、両国で廃棄物管理の改善に向けた協力を進めていくことで合意しました。その際に、カタール側から提案された協力覚書の締結について、今般、タミーム首長の来日の機会に署名・締結することとなりました。

2.内容

 廃棄物処理分野における両国の協力の促進を目的とし、政策の立案及び実施に関する情報及び経験の交換、セミナー及びワークショップの開催や、廃棄物処理及び人材育成に関する研修プログラムの実施等を行うもの。

(参考)覚書の概要

1)目的

  廃棄物処理分野における両国の協力の促進

2)協力分野

  ⅰ.廃棄物処理管理政策

  ⅱ.廃棄物インフラ、特に廃棄物発電

  ⅲ.双方の関心のあるその他の関連分野

3)協力の形態

  ・政策の立案及び実施に関する情報及び経験の交換

  ・研修と研究の実施

  ・ワークショップ、セミナー又は会議の開催 等

4)期間

  2019年1月29日より5年間

5)覚書の全文

  英語日本語アラビア語

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8336
  • 課  長土居 健太郎(内線 6811)
  • 室長補佐小沼 信之(内線 6898)
  • 担  当岩渕 和久(内線 7880)
  • 担  当湯本 徹也(内線 7879)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ