報道発表資料

平成31年1月31日
自然環境
この記事を印刷

上信越高原国立公園志賀高原地域の公園計画を変更します!

 本日、上信越高原国立公園(志賀高原地域)の公園計画を全般的に見直し、保護規制強化や、今後の適切な利用の増進を図るために園地や歩道などの利用施設計画を追加する等の公園計画の変更を行いましたので、お知らせします。

 平成30年11月12日付けで中央環境審議会より答申を受けた「上信越高原国立公園志賀高原地域の公園計画の変更(再検討)について」は、以下のとおり、本日1月31日(木)に官報に告示しました。

 上信越高原国立公園は、群馬県、長野県、新潟県の3県にまたがり、浅間山、四阿山、白根山、岩菅山等の火山群やそれらの山麓の火山性高原、谷川連峰等の構造山地に、巨大な溶岩台地である苗場山の地域等を合わせた我が国を代表する山岳及び高原の優れた自然の風景地です。

 今回、昭和24年の指定以来、公園区域及び公園計画の全般的な見直し(以下、「再検討」とする。)が行われていなかった志賀高原地域について、自然的及び社会的状況の変化を踏まえ、本地域の風致景観の保全と適正な利用の増進を図るため、大半の普通地域を特別地域として指定する等、保護規制計画と利用施設計画の抜本的な見直しを行いました。

 なお、今回の再検討においては、公園区域線の明確化を行うものの、公園区域の変更は行っていません。

■告示内容

○上信越高原国立公園の公園計画を変更する件

○上信越高原国立公園の特別地域の区域を変更する件

○上信越高原国立公園の乗入れ規制区域を指定する件

○上信越高原国立公園の特別保護地区の区域を変更する件

○上信越高原国立公園の集団施設地区を変更する件

■関連情報(答申)

過去の報道発表資料=上信越高原国立公園における公園計画の変更に係る中央環境審議会の答申について(平成30年11月12日)

※関連情報については、http://www.env.go.jp/press/106160.htmlに掲載されています。

連絡先

環境省自然環境局国立公園課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8279
  • 課長中尾 文子(内線 6440)
  • 課長補佐中島 治美(内線 6650)
  • 係長瀧口 晃(内線 6694)
ページ先頭へ