報道発表資料

平成31年1月7日
保健対策
この記事を印刷

ブラジルにおける化学物質管理政策最新動向セミナー

環境省は、平成31年2月4日(月)に「ブラジルにおける化学物質管理政策最新動向セミナー」を開催します。
ブラジルの担当官が来日し、同国における化学物質管理政策の最新動向に関して講演を行うとともに、参加者との質疑応答を予定しています。
セミナーへの参加は無料ですが、事前登録が必要です。御関心のある方の御参加を広くお待ちしております。

1.開催趣旨

環境省では、国際的な化学物質対策についての国内関係者の理解及び対処能力の向上並びに、諸外国関係者との相互理解の向上による国際調和に向けた取組の加速化を目的とする化学物質国際対応ネットワークを運営しています。本ネットワークの活動の一環として、各主体間における情報共有と連携強化のため、ブラジルにおける化学物質管理政策最新動向セミナーを開催します。

ブラジルは、工業用化学物質の登録、評価、リスク管理を整備するため、化学物質管理法を作成しようとしています。2018年10月17日には、この法案の具体的な条文が公表され、議論が始まりした。2019年1月にはボルナソロ新大統領が就任しますが、低迷する経済からの脱却を目指して規制緩和を進める意向を表明しており、この法案の行方が注目されます。

今回のセミナーでは、これまで情報が少なかったブラジルにおける化学物質管理政策について、全体的な制度の概要と最新の動向について御紹介いたします。

2.日時

平成31年2月4日(月) 13:00-15:30 (12:15から受付開始)

3.開催場所

東京ビッグサイト 会議棟 6階ホール (東京都江東区有明3-11-1)

※アクセスはこちらを御参照ください。 http://www.bigsight.jp/access/transportation/#ByTrain

4.プログラム(案)

時間 プログラム
12:15-13:00

受付

13:00-13:05 開会挨拶(環境省)
13:05-13:55

ブラジルにおける化学物質関連法令及び化学物質管理に関する概要(仮題)

講師:Ms.CayssaPeresMarcondes

ブラジル環境省水資源・環境品質局環境分析官

13:55-14:10 質疑応答※事前質問あり
14:10-14:25 休憩
14:25-15:15

ブラジルにおける化学物質管理政策に関する最新動向(仮題)

講師:Ms.CarolinAlvarengePertussatti

ブラジル環境省水資源・環境品質局インフラ分析官

15:15-15:30 質疑応答※事前質問あり(事前質問は参加票送付時に受け付けます。)
15:30- 閉会

5.お申込み

参加費 無料

定員 300名 (定員を超える申込みがあった場合は抽選等)

言語 日英同時通訳

参加申込期間 平成31年1月7日(月)~平成31年1月17日(木) 15:00必着

事前申込みが必要です。下記化学物質国際対応ネットワークウェブサイトよりお申込みください。

御 案 内:http://chemical-net.env.go.jp/

お申込み:https://a10.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=436&g=54&f=107

お問い合わせ窓口

化学物質国際対応ネットワーク事務局(一般社団法人海外環境協力センター 内)

担当 森、小牧、成瀬

TEL 03-5472-0144 / FAX 03-5472-0145 / Email chemical-net@oecc.or.jp

連絡先

環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室

  • 代表03-3581--3351
  • 直通03-5521-8253
  • 室長東利博(内線 6309)
  • 室長補佐松本和也(内線 6333)
  • 担当日高克見(内線 6328)
ページ先頭へ