報道発表資料

平成30年12月10日
再生循環
この記事を印刷

「平成31年度除去土壌等の減容等技術実証事業」の実証テーマの公募について

 環境省は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(以下、「JESCO」といいます)を通じて、今後の除去土壌等の減容等に活用し得る技術実証テーマを2月5日まで公募します。
 公募の詳細については、JESCOのホームページに掲載されている公募要領を御確認ください。(http://www.jesconet.co.jp/interim/information/josenjissho.html) 

参考までに、公募概要をお知らせいたします。

1.概要

 除染で発生した土壌等について、中間貯蔵開始後30年以内の福島県外での最終処分を見据えた減容・再生利用等に活用し得る技術の実証テーマを広く公募します。

 外部有識者から構成される委員会において厳正な審査を行った上で、応募の中から10件程度を採択します。

 採択された実証テーマについては、その応募者に試験実施に向けた詳細な計画の提出を求め、JESCOとの請負契約の後、実証試験を実施していただきます。実証試験により得られた結果を基に、有識者委員会でその効果、経済性、安全性等を評価し、公表します。

 なお、応募の際には、JESCOのホームページに掲載されている「平成31年度 除去土壌等の減容等技術実証事業公募要領」を確認願います。

2.採択予定件数

 単年度、複数年度の提案から、10件程度を上限とし、外部有識者による審査の上、決定します。

3.予算

 1件あたりの年間金額は2,000万円(税抜)を上限とします。

4.実施期間

 契約締結後から平成32年3月19日(木)までです。ただし、平成32年度にも継続して事業を行う計画としている場合には、平成32年3月31日(火)までとします。

 複数年度で行う事業は、原則として3年以内とし、毎年度の達成目標をあらかじめ設定してください。設定した目標の達成状況等については、各年度末に審査委員(外部有識者)による評価を行い、事業継続実施の可否について審査します。審査の結果、2年度目以降継続となった場合、契約手続きを行います。

5.実施場所

 実証試験の実施場所は、請負者が決めることとします。その際に必要な調整(自治体との調整を含む。)は、請負者が自ら行うこととします。ただし、中間貯蔵施設区域内に整備する技術実証フィールド(仮称)を利用することができますので、事前にJESCOまで御相談ください。

6.応募

 公募要領に基づき、平成31年2月5日(火)15:00までに、以下の提出先まで郵送にて申請書を提出してください。持参は受け付けません。

 なお、封筒の表の左下に「公募書類在中」と記入してください。

 〒105-0014 東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館

        中間貯蔵・環境安全事業株式会社 中間貯蔵事業部 技術課

7.スケジュール(予定)

 概ね以下のスケジュールで進める予定です。

・平成31年2月5日   公募の締め切り

・平成31年2月~3月 一次審査(書類審査)及び二次審査(口頭審査)、実証テーマの決定、審査結果の通知

・平成31年4月~6月  契約手続き、契約締結

・平成31年6月~12月 契約締結後、実証事業の実施

・平成32年1月~2月  結果取りまとめ、実証試験結果の評価を実施

8.問い合わせ先

 中間貯蔵・環境安全事業株式会社 中間貯蔵事業部 技術課

 TEL:03-6635-4902(直通) FAX:03-6743-7800

○平成30年度除去土壌等の減容等技術実証事業の評価結果について

 平成30年度除去土壌等の減容等技術実証事業の評価結果について、以下のJESCOのホームページに掲載します。(http://www.jesconet.co.jp/interim/information/josenjissho.html)

 環境省ホームページにも評価結果を掲載し、JESCOのホームページとリンクします。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局環境再生事業担当参事官室
直通 03-5521-8350
代表 03-3581-3351
参事官  新田 晃
補佐   村松 学   (7589)
主査   木地本 直美 (7587)

ページ先頭へ