報道発表資料

平成30年11月27日
保健対策
この記事を印刷

子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)「第8回エコチル調査シンポジウム」の開催について

 環境省及び国立研究開発法人国立環境研究所は、子どもの発育に影響を与える化学物質等の環境要因を明らかにし、次世代の子どもたちが健やかに育つことのできる環境の実現を図ることを目的として、2011年1月から「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を行っており、今年で8年目を迎えました。
 今般、エコチル調査で得られた成果やその活用方法を国民の皆さまにわかりやすくお伝えすることを目的に、第8回エコチル調査シンポジウムを2019年1月19日(土)に日本科学未来館(東京都江東区)で開催します。
 シンポジウムへの一般参加の受付は、本日から2019年1月11日(金)までとなります。参加御希望の方は、下記を御参照の上、添付の申込用紙に必要事項を御記入いただき、お申し込みください。

(筑波研究学園都市記者会同時発表)

1.開催目的

エコチル調査で得られた成果やその活用方法をお伝えし、本調査の重要性について、広く国民の皆さまに知っていただくとともに、子どもの健康と環境について理解を深めていただくことを目的としています。

2.開催日時

2019年1月19日(土)13:30~16:00(開場13:00)

3.開催場所

日本科学未来館 7F未来館ホール(東京都江東区青海2-3-6)

地図:https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

4.主催 :環境省/国立研究開発法人国立環境研究所

後援 :国立研究開発法人国立成育医療研究センター

5.内容(予定)

※ファシリテーター:毛利 亮子氏(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

基調講演

「エコチル調査」の今後の展望

大矢 幸弘氏   エコチル調査メディカルサポートセンター長

特別講演

子育てで大切なこと

榊原 洋一氏   お茶の水女子大学 名誉教授/小児科医

パネルディスカッション

安心して子育てできる社会へ

<コーディネーター>

山縣 然太朗氏  エコチル調査甲信ユニットセンター長

<パネリスト>

榊原 洋一氏

くわばた りえ氏 (お笑いコンビ「クワバタオハラ」)

大矢 幸弘氏

6.定員

300名

7.申込み方法について

 本シンポジウムの参加には事前登録が必要です。(参加費無料)

 参加を御希望の方は、2019年1月11日(金)17時(必着)で別紙の参加申込書に氏名・所属等を御記入の上、Eメール、FAXのいずれかにてお送りください。また、御同伴者がいらっしゃる場合は、代表者の方がまとめてお申し込みください。

 申込多数の場合は抽選とさせていただきますので、御了承願います。参加可能となった方には後日参加券を指定いただいた送付先にお送りしますので、当日は必ず御持参いただきますよう、お願いいたします。なお、参加決定のお知らせは参加券の発送をもって代えさせていただきます。

【託児サービスについて】

 託児サービスの利用を御希望の方は、参加申込書の所定欄に必要事項をご記入の上お申し込みください。申込者多数の場合は先着順とさせていただきます。

  • 定員:30名
  • 年齢:0歳2ヶ月から就学前まで

【取材について】

 取材の申込みは、メールの件名に「プレス」、本文に下記事項を記載の上、「ecochil@jpdesign.jp」までメールでお送りください。折り返しご連絡いたします。

  • 会社名
  • 氏名
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)

8.申込み先/お問合せ先

第8回エコチル調査シンポジウム事務局((株)ジャパンデザイン内)

〒105-0002東京都渋谷区渋谷3-26-17 渋谷デュープレックスB's5階

e-mail:ecochil@jpdesign.jp  Fax:03-6418-5912

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境保健部環境安全課環境リスク評価室
直通:03-5521-8263
代表:03-3581-3351
室  長      :山本 英紀 (内:6340)
室長補佐      :矢舩 順也 (内:6347)
係  長      :今野 美保 (内:6343)

国立環境研究所エコチル調査コアセンター
センター長代行   :新田 裕史(029-850-2497)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ