報道発表資料

平成30年10月15日
大気環境
この記事を印刷

第11回アジアEST地域フォーラムの結果について

環境省は、国際連合地域開発センター(UNCRD)等との共催で、アジア地域における環境的に持続可能な交通(Environmentally Sustainable Transport (EST))を目指し、ハイレベルによる政策対話を推進するため、平成30年10月3日(水)~5日(金)に、モンゴル国・ウランバートルにおいて、「第11回アジアEST地域フォーラム」を開催しました。
第11回フォーラムでは、「持続可能な都市計画と開発~ESTの役割」を主なテーマに、各国のESTに関する政策の共有や幅広い意見交換とともに、今後のアジアEST地域フォーラムの方向性について議論が行われ、今後も継続してESTを推進していくことが確認されました。

第11回フォーラムの概要及び主な結果は、次のとおりです。

【会議概要】

■日程:平成30年10月3日(水)~5日(金)

■場所:モンゴル国 ウランバートル市

■主催:日本国環境省、国際連合地域開発センター(UNCRD)、モンゴル国建設・都市開発省、モンゴル国道路交通省、モンゴル国環境・観光省、ウランバートル市、国際連合アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP) 、国際連合経済社会局(UNDESA)

■参加者:アジア21カ国の政府(環境・交通関係省庁等)の幹部、アジア諸国の自治体の幹部、交通と環境分野に関する学識経験者等の専門家、国際機関関係者 他

アジア21カ国(アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、カンボジア、インド、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、中国、韓国、ロシア、スリランカ、タイ、ベトナム、モンゴル)

※ 環境省からは、大臣官房審議官上田康治が出席しました。

※ 前日の10月2日(火)には、「農村と都市の繋がり~貧困緩和とSDGsへの関係性」等のプレイベントを実施しました。

【主な結果】

 1 (1) 環境省及び我が国から参加した専門家により、我が国の公共交通を軸とした都市開発等の持続可能

    な都市計画や交通に関する事例の紹介がなされ、参加国と知識の共有を行いました。

   (2) バンコク宣言2020の目標年が2020年であるため、バンコク宣言2020のフォローアップや今後の方

    向性について意見交換を行い、我が国の発言等を踏まえ、フォローアップのプロセスとともに今後の方

    向性はSDGsやパリ協定等の国際情勢と整合性を図ることについて各国と確認しました。

    ※ バンコク宣言2020:2010年にバンコクで開催された第5回アジアEST地域フォーラムにおいて採択

    された、2020年までのESTに関する共通目標を掲げたもの

 2 京都宣言(アジア市長によるEST推進に関する宣言)について、新たに12の市が署名を行いました。

 3 閉会式において、ベトナム社会主義共和国から第12回フォーラムは同国で開催することについて発表が

   あり、参加国から賛意をもって迎えられました。

【環境省の今後の取組】

環境省では、国土交通省等の関係機関とも連携しながら、アジア地域を中心とした環境的に持続可能な交通(EST)の実現に引き続き取り組んでまいります。

【その他】

* 関連リンク先(プログラム):

国際連合地域開発センター(UNCRD)http://www.uncrd.or.jp/ja/

【参考】

《アジアEST地域フォーラムとは》

アジア地域における環境的に持続可能な交通を目指し、国際連合地域開発センター(UNCRD)と連携してハイレベル政策対話を推進

・設立年 平成17年

・主な取組内容

 1 ESTに関する各国の政策、先進事例等の情報共有、意見交換

 2 環境と交通分野の専門家、学識経験者からの助言、情報提供

 3 開発途上国のEST国家戦略・アクションプランの策定支援及び国際協力機関の参画による

   アクションプラン実現支援

 4 EST推進に向けた地域及び国際間の行動・イニシアティブの連携の確立

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
代表 03-3581-3351

ページ先頭へ