報道発表資料

平成30年9月21日
再生循環
この記事を印刷

~テーマは循環型社会(みらい)への"挑戦"と"伝う想い"~「Re-Style応援ソング第2弾」3曲同時リリース!

 環境省では、歌詞を通じて皆さまへ資源の大切さや3Rへの関心・共感・理解をいただけるようなメッセージをお届けするRe-Style応援ソングの第2弾を制作し、3曲同時にリリースしましたのでお知らせします。
 今後、より多くの方々に聴いていただき、メッセージを受け取っていただけるよう、通信カラオケDAMでのカラオケ配信、3R推進月間をはじめとした全国の関連行事での活用など幅広く発信していきます。

1.Re-Style応援ソング第2弾

 環境省では、本年6月に閣議決定された「第四次循環型社会形成推進基本計画」に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、資源の大切さや3Rの取組を、サブカルチャーなどと連携した新たなコンテンツで発信することで、意識醸成や行動喚起を促進するRe-Style事業を展開しています。(詳細は下記4参照)

 そこで、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらう"きっかけ"として、歌詞を通じて皆さまへメッセージを届ける新たなコンテンツRe-Style応援ソング"巡り循った環の中に"(詳細は下記5参照)を制作し、全国街頭ビジョン放映や「3R推進月間」(詳細は下記6参照)での行事、店内アナウンスなど、様々な機会を通じて発信してきました。

 このたび、3Rの取組の更なる促進に向けて、多くの方々から資源の大切さや3Rへの関心や共感、理解をいただけるようなメッセージをお届けする"Re-Style応援ソング第2弾"を制作し、本日、3曲同時リリースしました。

 "Re-Style応援ソング第2弾"は、東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校の全面協力の下、資源や3Rの重要性、自分たちに何が出来るかなどを学生たち自らが考え、自分たちの言葉で表現・制作された楽曲です。

 今後、より多くの方々に聴いていただき、メッセージを受け取っていただけるよう、通信カラオケDAMでのカラオケ配信(詳細は下記2参照)、環境省3R取組促進イベント"Re-Style FES!"や3R推進月間をはじめとした全国の関連行事での活用など幅広く発信していきます。

<Re-Style応援ソング ダウンロードページ>

http://www.re-style.env.go.jp/song/

<楽曲紹介①>

<制作コンセプト>

 新しい世界は今から、誰の手でも始められる。難しいことではないはず。

 皆の力が合わされば、必ず未来は開かれる、という想いを込めたメッセージを、キラキラしたメロディに乗せた楽曲に仕上げました。

 希望がある素晴らしい未来への一歩を踏み出す曲をイメージした楽曲です。

<アーティスト紹介>

  宮原ひとみ

 TVアニメオープニング曲やキャラクターソングなどのコーラスを担当。(

 また、環境省ウォータープロジェクトプロジェクトソング「My feeling for water」(2016年)や、Re-Style応援ソング「巡り循った環の中に」(2016年)の歌唱を担当。

 <主な作品>

  ・「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」

  ・「ウマ娘プリティーダービー」

<楽曲紹介②>

<制作コンセプト>

 疾走感のあるrockサウンド、王道なJ-popで構成し、幅広い層に親しんでもらえる楽曲に仕上げました。

 サビには、思わず口ずさんでみたくなるようなメロディに、Re-Styleのキーメッセージなどを取り入れ、未来に向けて、世代を超えて"何かを残すために"はじめてみる、挑戦する、気持ちをテーマにしました。

<楽曲紹介③>


<制作コンセプト>

 Re-Styleを身近に感じてもらえるよう、ミディアムバラードを基調として、コンセプトに合った、誰もが親しみやすく、綺麗なメロディとアレンジを目指し、リズミカルで覚えやすいメッセージの楽曲です。

2.株式会社第一興商とのコラボレーションPR展開

 応援ソング第2弾のリリースに向けて、株式会社第一興商の全面協力が決定しました。

 同社では、歌を通じて、環境や未来へ向けたメッセージを発信する本企画の趣旨に賛同いただき、より多くの方々へ知っていただけるよう、下記のコラボレーションPRを、全国のカラオケルームビッグエコーなどで展開します。

<ご紹介> (株)第一興商が展開する"Sing for Smile"           

うたの力で人と人をつなげること、皆さまに勇気・希望・笑顔をもたらしたいという

思いを込めています。

第一興商は、歌や音楽を通してあらゆる人々に喜びと楽しさを提供し続けることで、

社会に貢献できる企業グループを目指します。

今後も、うたやカラオケを通じたさまざまな応援企画を実施する予定です。

<主な取組内容>

 ・「通信カラオケDAM」での応援ソングのカラオケ配信(※10月16日より全国配信)

 ・「応援ソング第2弾」ポスター制作

 ・「カラオケルームビッグエコー」でのポスター掲示PR(※10月1日から31日まで)

3.ミュージックビデオ(リリックビデオ)の制作

 資源の大切さや3Rへの関心や共感、理解をいただけるようなメッセージをお届けする"Re-Style応援ソング"を、楽曲を楽しみながらも、より明確にメッセージを受け取っていただけるよう、「Brand New Days」

制作に当たっては、東京コミュニケーションアート専門学校の協力の下、同ソングの趣旨とイメージを学生自らが考え、表現・制作しました。

 今後、より多くの方にご視聴いただけるよう、環境省Webサイト"Re-Style"やYouTube等にて発信していく予定です。

4.(参考)Re-Style

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

 また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

 「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組みです。

5.(参考)循環型社会推進「応援ソング」【巡(めぐ)り循った環の中に】

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらう「きっかけ」として、昨年、循環型社会推進応援ソング「巡り循った環の中に」を制作しました。

 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校の生徒が制作したこの曲は、3Rの取組を出来ることから始めようというメッセージを、勢いのある曲調で表現した、思わず口ずさみたくなる楽曲となっています。

6.(参考)「3R推進月間」について

 環境省では、「循環型社会形成推進基本法」(平成12年施行)、「資源有効利用促進法」(平成13年施行)を受け、国民や事業者の取組を1R(リサイクル)から3Rへ拡大していくために、平成14年より毎年10月を「3R推進月間」として、関係8府省(環境省、経済産業省、内閣府、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)とともに、様々な情報発信や取組の促進に関する行事を展開しています。

添付資料

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
担当者:田中道雄
電 話:03-5521-8336

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ