報道発表資料

平成30年9月10日
再生循環
この記事を印刷

世界循環経済フォーラム(WCEF)の取材に関する事前登録の受付開始について

 環境省は、フィンランド・イノベーション基金(SITRA)との共同開催で、2018年10月に、横浜市で世界循環経済フォーラム(WCEF)2018を開催します。当該フォーラムの取材に関する事前登録の受付を開始しますのでお知らせします。

1.WCEF 2018について

 G7を始めとする国際的な場で、持続可能な開発目標(SDGs)の達成や循環型社会の構築に向け、資源効率性の向上・3R推進や、関連するステークホルダーの協力等の重要性が認識されています。

 2017年6月には、日本、フィンランド、スウェーデン、ロシア、カナダ、ケニア等各国の閣僚や国連環境計画(UNEP)、国連工業機関(UNIDO)等の国際機関、IBM、DELL、IKEAやPhilips等の国際企業を含む、105ヶ国から約1600人が参加した世界循環経済フォーラム2017がフィンランドにおいて開催されました。

 今回日本で開催する世界循環経済フォーラム2018では、循環経済に関する世界中の好事例の紹介や、SDGsの達成に向けた循環経済の役割等について議論する予定です。

(1)日程:平成30年10月22日(月)、23日(火)

(2)場所:パシフィコ横浜

(3)主催:日本国環境省、フィンランド・イノベーション基金(SITRA)

(4)議題:「2050年に向けた循環ビジョン」「発展途上国での循環経済による社会的、環境的及び    

経済的便益」等

(5)参加:日本国環境大臣、フィンランド国住宅・エネルギー環境大臣、EU雇用・成長・投資及び

競争力担当副委員長、UNEP国際資源パネル共同議長等に加え、コカ・コーラ・ジャパンや

ユニリーバ・ジャパン等の企業も参加予定。

詳細は、

https://www.sitra.fi/en/projects/world-circular-economy-forum-2018/

を参照してください。

2.取材の事前登録

 取材を希望される報道関係者は、10月19日(金)までに、

取材登録用ウェブサイト: https://www.lyyti.in/wcef2018_media

 にて、必要事項を入力してください。事前登録をされていない場合、取材はできませんのでご注意ください。

 なお、取材要領は、後日、登録いただいた方に電子メールにて送付いたします。

3.報道関係者向け事前説明会

 1022日(月)10:3011:30に、パシフィコ横浜3階の315号室において開催します。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
代表 03‐5521‐3351
直通 03‐5521‐8336
課長   土居 健太郎 (内線6811)
室長補佐 栗栖 雅宜  (内線6814)
担当   矢島 健一郎 (内線7876)

ページ先頭へ