報道発表資料

平成30年8月27日
地球環境
この記事を印刷

山間部等でのドローン荷物配送の本格化に向けて ~ドローン物流の検証実験地域を決定~

山間部の過疎地域等における物流の課題を解決しCO2排出量を削減することを目的とした、ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向けた検証実験を行う地域を5箇所選定しました。

1.事業及び検証実験の概要

環境省では、今年度から国土交通省と連携して、過疎地域等における小型無人機を使用した荷物配送(以下「ドローン物流」という。)の早期の実用化を図ることにより、非効率な小口輸送を代替しCO2排出量の削減を実現するため「過疎地域等における小型無人機を使用した配送実用化推進事業」を実施しています。

本事業において、ドローン物流のCO2排出量削減効果及び費用対効果等について把握するための検証実験を行います。

今般、検証実験地域について、今年6月28日から7月31日までの間に公募を行い、全国14地域から応募があり、5箇所を選定しましたのでお知らせいたします。

今後、9月から12月頃にかけて、順次検証実験を実施する予定です。

本事業により、ドローン物流についての知見が整理され、山間部の過疎地域等におけるドローン物流の早期実用化が期待されます。

2.公募の結果

協議会名

検証実験地域

代表事業者名

郵便事業配送効率化協議会

福島県南相馬市

株式会社自律制御システム研究所

秩父市ドローン配送協議会

埼玉県秩父市

楽天株式会社

白馬村山岳ドローン物流実用化協議会

長野県白馬村

株式会社白馬館

和気町ドローン物流検証実験協議会

岡山県和気町

株式会社Future Dimension Drone Institute

福岡市ドローン物流協議会

福岡県福岡市

ANAホールディングス株式会社

○ 本実証事業の詳細は、下記の国土交通省ホームページをご確認下さい。

http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_20180628kobo.html

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課低炭素物流推進室
直通    03-5521-8329      
代表    03-3581-3351
室長    馬場 康弘(内線6750)
室長補佐  藤田 祐輔(内線6751)
室長補佐  田中 輝征(内線7728)

ページ先頭へ