報道発表資料

平成30年8月27日
総合政策
この記事を印刷

環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会(第3回)の開催について

 環境影響評価法に基づく「基本的事項」(注)については、今般、平成24年の改正から5年を経過したことから、その内容全般について点検を行う必要があります。
 このため、基本的事項の内容全般の点検に係る具体的な検討を行う「環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会(第3回)」を9月10日(月)に開催します。
 (注)「基本的事項」は「環境影響評価法の規定による主務大臣が定めるべき指針等関する基本的事項」(平成9年環境庁告示第87号)といい、環境影響評価法において事業の種類ごとに主務大臣が定める基準・指針に関して、全事業種横断的に基本となるべき事項を定めたものである。

1.環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会(第3回)の開催について

(1)日 時:平成30年9月10日(月)10:00~12:00

(2)場 所:環境省22F 第1会議室

        〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館

        TEL  03-3581-3351(代表電話)

        (http://www.env.go.jp/annai/map.html

(3)議 題(仮)

  ① 前回検討委員会における指摘事項について

  ② 検討委員会報告書(素案)について

  ③ その他 

2.会合の傍聴

 本会合は公開です。

 傍聴を御希望の方は、電子メール又はFAXにて、平成30年8月31日(金)必着で、以下の連絡先までお申込みください。

申込記入事項:住所、氏名、勤務先、電話番号、傍聴券の送付先(電子メールアドレス又はFAX番号)及び「環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会傍聴希望」の旨を記入。

一般傍聴定員:50名程度(定員を超えた場合は、原則として先着順といたします。ただし、同一団体から多数の応募があった場合には調整させていただきます。)

(1)傍聴いただける方には傍聴券を御指定いただいた送付先(電子メール又はFAX)にお送りしますので、当日必ずお持ちください。

(2)当日取材を希望される報道関係者につきましても、同様にお申込みください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せてご登録をお願いします。(カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。また、必ず自社腕章を携帯願います。)

(3)環境省では、環境負荷削減の観点からペーパーレス化の取組を推進しています。検討委員会資料については、原則として平成30年9月7日(金)17:00までに環境影響評価情報支援ネットワークウェブサイト(※)に掲載いたしますので、掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に保存の上、当日御持参いただく等、ペーパーレス化へのご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、パソコンをお持ちでない等の理由で紙の資料を御希望の方は傍聴申込時に必ずお知らせください。

(※)環境影響評価情報支援ネットワークウェブサイトの資料掲載場所

 http://www.env.go.jp/policy/assess/5-13basic3/index.html

(4)申込みの際に記入いただいた個人情報は、環境省保有個人情報等管理規程に基づいて取扱い、「環境影響評価法に基づく基本的事項に関する技術検討委員会」傍聴者の管理、傍聴券の発行以外に使用することはありません。

(本検討委員会の傍聴に係る連絡先)

担 当:坂本、真木

電 話:03-3581-3351(内線6235、7234)

      03-5521-8235(直通)

  FAX:03-3581-2697

  電子メール:sokan-hyoka@env.go.jp

連絡先
環境省大臣官房環境影響評価課
直通   03-5521-8235
代表   03-3581-3351
課長   熊倉基之(内線6230)
課長補佐 泉 知行(内線7236)
専門官  會田義明(内線6235)

ページ先頭へ