報道発表資料

平成30年8月14日
大臣官房
この記事を印刷

環境省に送付された放射性物質に汚染された土壌等の誤廃棄の可能性について

 平成23年11月に環境省に送付された放射性物質に汚染された土壌等と思われるもの2件につきましては、環境省において管理を行ってきたところです(別紙参照)。

 しかし、本年8月7日(火)における日本郵便において保管を継続している汚染土壌に係る報道の前日に、報道機関から受けた照会を契機として、省内にて現況確認・捜索を行ったところ、現時点においても当該土壌等を収納した容器を発見できず、当該容器を収納した収納キャビネットの誤廃棄を行った可能性が高いことが判明いたしました。現時点においても、引き続き捜索を継続しておりますが、取り急ぎ公表いたします。

 放射性物質に汚染された土壌等については、適切な保管が求められているところです。環境省としては、不適切な管理により誤廃棄の可能性が生じたことについて、弁解の余地のないことと認識しており、深くお詫び申し上げます。

 本年1月に収納キャビネットの廃棄物処理を委託した産業廃棄物処理業者の協力もいただきながら、本件の土壌等の行方等や影響に関する調査を可及的速やかに進めてまいります。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房総務課
課長   白石 隆夫(内線6130)
課長補佐 志村 博之(内線6163)
担当   宍戸  公(内線6170)

環境省大臣官房会計課
課長   松本 啓朗(内線6160)
課長補佐 須藤 伸一(内線6001)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ