報道発表資料

平成30年8月9日
自然環境
この記事を印刷

カルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会(平成30年度第2回)の開催について

 平成30年8月20日(月)にカルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会(平成30年度第2回)を開催します。
 本検討会では、ゲノム編集技術のうち、カルタヘナ法で規程される遺伝子組換え生物等を作出する技術に該当する技術等について検討を行います。

 本検討会は、5月に開催された中央環境審議会自然環境部会において設置等が了承され、7月に開催された中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会において設置、検討事項等が決定され、今般第2回目が開催されることとなりました。

1.日時:平成30年8月20日(月)13:30~15:30

2.場所:経済産業省別館108号会議室(1階)(東京都千代田区霞が関1-3-1)

3.議題(予定)

(1)ゲノム編集技術のうち、カルタヘナ法で規定される遺伝子組換え生物等を作出する技術に該当する技術の整理について

(2)(1)の整理においてカルタヘナ法の対象外となった技術に関する取扱いについて

(3)その他

4.会議の傍聴について

 今回の検討会は、公開で行います。傍聴希望の方は、検討会事務局(末尾の申込先参照)までFAX又は電子メールでお申し込みください。

(1)申込締切 平成30年8月16日(木)12時(必着)

(2)記載事項

・「カルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会(平成30年度第2回)の傍聴希望」の明記をお願いします(電子メールの場合は、件名欄に記載してください)。

・氏名、住所、勤務先(又は所属等)及び連絡先(電話番号及びFAX番号)

(3)留意事項

・傍聴券1枚につき、傍聴者は1名です。

・会場の都合上、傍聴希望者が多数の場合は抽選とさせていただきます。

・こちらからの返信を傍聴券といたしますので、当日必ず御持参ください(電子メールで申し込んだ方は、こちらからの返信メールを印刷の上御持参ください)。

・傍聴者による会議の撮影、録画、若しくは録音は御遠慮願います。なお、報道関係機関による取材は以下の「報道関係者の方へ」に従って下さい。

(4)報道関係者の方へ

・お申し込みの際に「報道関係者」と記載してください。

・カメラ撮影を御希望の方は、その旨を記載してください。

・カメラ撮影は、会議の冒頭のみとさせていただきます。

・カメラ撮影に際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。

申込先:カルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会事務局

(環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室)

担 当 者:岡本、水野

代  表:03-3581-3351(内線7476)

F A X:03-3581-7090

E - mail:GAIRAI@env.go.jp

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代  表:03-3581-3351
直  通:03-5521-8344
室  長:北橋 義明  (内:6680)
室長補佐:八元 綾   (内:6681)
係  長:岡本 敬子  (内:6683)

ページ先頭へ