報道発表資料

平成30年7月31日
地球環境
この記事を印刷

笹川環境大臣政務官のブラジル出張の結果について

 笹川博義環境大臣政務官が、7月24日(火)から26日(木)にかけてブラジルとパラグアイに出張しました。
 本出張では、来年日本で開催する「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」に向けたブラジルとの連携強化のため、ブラジル環境大臣及びブラジル外務省高官とのバイ会談を行いました。
 また、「国立公園満喫プロジェクト」の更なる推進を図るため、ブラジルの取組を参考にすべく、イグアス国立公園長と意見交換を行いました。
 さらに、ブラジル・パラグアイ在住の日系人と面会し、日系人社会の現状について意見交換をすることで、中南米地域の日系人との連携強化にも取り組みました。

1 目的

 ブラジル環境大臣に来年の「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」に向けての連携強化を呼びかけ、参加要請を行う等、様々な環境分野についてブラジル政府・機関との率直な意見交換をすることを目的として本出張を執り行いました。

2 出張日程

 平成30年7月24日(火)~26日(木)

3 出張先

 ブラジル連邦共和国、パラグアイ共和国

4 ブラジル環境大臣とのバイ会談

 7月24日(火)にブラジル環境省(於:ブラジリア)でドゥアルテ環境大臣とのバイ会談を行いました。会談では、中川雅治環境大臣の親書を手渡し、来年日本で開催される「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」に向けた連携を呼びかけ、ブラジル環境大臣の参加を要請しました。また、日本側からは気候変動対策やヒアリ対策の協力を呼びかけた他、海洋ごみ問題に関する意見交換を行いました。さらに、砂漠化防止と森林保全、PCBの管理・削減への連携強化を進めることを確認しました。

5 ブラジル外務省高官とのバイ会談

 7月24日(火)にブラジル外務省(於:ブラジリア)にてシルヴァ外務副次官とのバイ会談を行いました。会談では、G20日本開催に向けた連携強化を呼びかけました。また、気候変動対策や海洋ごみ対策についても意見交換しました。

6 イグアス国立公園長との意見交換

 7月25日(水)にイグアス国立公園にてバチストン国立公園長との意見交換を行いました。意見交換では、イグアス国立公園の管理・運営体制についての説明を受けるとともに、日本の「国立公園満喫プロジェクト」の取組について説明し、意見交換をしました。また、動植物の密輸防止対策や外来種対策、国立公園の活用に関する専門家の技術交流について率直な意見交換を行いました。

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室
直通 03-5521-8248
代表 03-3581-3351
室  長 杉本 留三(内線 6765)
室長補佐 永長 大典(内線 6764)
担  当 大澤 晃一(内線 7724)

ページ先頭へ