報道発表資料

平成30年7月19日
自然環境
この記事を印刷

専門家による種名判別おたすけサービス「いきものログ」の「種名調べ支援」の実施について

 環境省生物多様性センターでは、夏休みの課題研究にも役立つよう、名前がわからない生きものについて、見つけた場所や写真を投稿して質問すると、動植物の専門家からその生きものの名前に関するヒントやアドバイスをもらえる無料サービス「種名調べ支援」を、期間限定で実施します。

1.概要

  「種名調べ支援」は、環境省生物多様性センターが運用するシステム「いきものログ」のユーザを対象に、自然観察初心者への自然環境に関する普及・啓発や情報提供を目的とした、種名を調べる手助けをする無料サービスです。

  せっかく見つけた生きものを「いきものログ」に報告したいけれど、その名前がわからない際に、見つけた場所や写真を投稿すると、最も近いと考えられる生きものの名前や同定のポイントなど、専門家のコメントが届きます。種名が確定したら、そのまま「いきものログ」に報告して、全国の皆さんと結果をシェアすることもできます。また、他のユーザが投稿した依頼についても閲覧可能です。

2.実施期間

平成31年1月31日(木)まで

3.利用方法

  「いきものログ」にユーザ登録(無料)していただくと、どなたでもご利用いただけます。「いきものログ」の「種名調べ支援」のページから生きものの情報を投稿してください。種名が確定したら、同ページからそのまま報告することも可能です。ユーザ登録は「いきものログ」トップページの右上のボタンから行うことができます。

「いきものログ」トップページ: https://ikilog.biodic.go.jp/

4.投稿件数について

 期間中、ひとり20件までの投稿が可能です。

※別添資料については、環境省報道発表資料(http://www.env.go.jp/press/105750.html)からご確認ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性センター
電話 0555-72-6033(直通)
センター長 曽宮 和夫
担当    齋藤 佑介
担当    八巻 明香

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ