報道発表資料

平成30年7月20日
地球環境
この記事を印刷

「適応委員会専門家会合」及び「第27回気候変動に係るアジア太平洋地域セミナー」の開催について

7月24~25日、都内において、国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)との共催により、適応委員会(AC)専門家会合「適応目標及び指標と持続可能な開発目標(SDGs)・仙台防災枠組との関係」を開催します。また、本会合に続き、7月26日には同テーマをより掘り下げることを目的として、第27回気候変動に係るアジア太平洋地域セミナー(APセミナー)を開催します。

1.会合の概要

(1)日程・場所

 7月24-26日 東京都港区 三田共用会議所(〒108-0073 東京都港区三田2丁目1-8)

(2)主催

 AC専門家会合(7月24~25日):UNFCCC、環境省

 APセミナー(7月26日):環境省、オーストラリア外務・貿易省(Department of Foreign Affairs and Trade (DFAT))

(3)事務局

海外環境協力センター(OECC)

(4)参加者(予定)

全世界(約24ヶ国)の気候変動に関する政策担当者、国際機関や研究機関等(約16機関)の気候変動に関する担当官・専門家等、約45名

(5)議題

1)AC専門家会合(7月24~25日)

①適応、SDGs及び仙台防災枠組における国内目標及び指標

②国レベルでの適応評価、適応、SDGs及び仙台防災枠組指標の統合

③適応、SDGs及び仙台防災枠組指標における地方、国及び国際レベルの統合

④能力向上及び障壁の克服 等

2)APセミナー(7月26日)

①適応、SDGs及び仙台防災枠組における指標の地方・国・グローバルレベルの統合

②適応行動を強化するための情報基盤整備

※本セミナーは原則非公開で行いますが、結果は後日発表します。

連絡先
環境省地球環境局総務課気候変動適応室
代表03-3581-3351
直通03-5521-8247
室長  大井 通博(6730)
専門官 熊丸 耕志 (7727)

環境省地球環境局国際地球温暖化対策担当参事官室
直通03-5521-8330
参事官 小川 眞佐子 (6772)
主査  寺岡 裕介 (6774)

ページ先頭へ