報道発表資料

平成30年7月3日
自然環境
この記事を印刷

国立公園における公園区域及び公園計画の変更等に係る中央環境審議会の答申について

 本日開催された中央環境審議会自然公園等小委員会において、「国立公園の公園区域及び公園計画の変更について」等が審議され、中央環境審議会会長から環境大臣に対して、諮問のとおりとすることが適当である旨答申がなされたので、お知らせします。

<諮問事項概要>

[公園区域及び公園計画の変更]

  ・霧島錦江湾国立公園(錦江湾地域)

  ・瀬戸内海国立公園(六甲地域)

 [公園計画の変更]

  ・霧島錦江湾国立公園(霧島地域)

  ・上信越高原国立公園

  ・十和田八幡平国立公園(十和田八甲田地域)

 [国立公園事業の決定、廃止および変更]

  ・十和田八幡平国立公園   ・三陸復興国立公園   ・上信越高原国立公園

  ・富士箱根伊豆国立公園   ・南アルプス国立公園  ・瀬戸内海国立公園

  ・霧島錦江湾国立公園    ・奄美群島国立公園   ・やんばる国立公園

  ・慶良間諸島国立公園

<今後の予定>

 今回の答申を受けて、平成30年8月末までに官報告示を行う予定です。

<関連情報>

 過去の報道発表資料=中央環境審議会自然公園等小委員会(第36回)の開催について(平成30年6月19日)

 ※関連情報については、http://www.env.go.jp/press/105617.htmlに掲載されています。

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8279
課長      田中 良典 (内6440)
課長補佐    中島 治美 (内6650)
計画係長    瀧口 晃  (内6694)
事業係長    藤井 沙耶花(内6692)

ページ先頭へ