報道発表資料

平成30年7月2日
水・土壌
この記事を印刷

平成30年度水浴場(開設前)の水質調査結果について

 環境省では、平成30年4月上旬~6月中旬にかけて、地方公共団体が実施した全国の「水浴場(開設前)の水質調査結果」を取りまとめました。その結果は、次のとおりです。
(1) 環境省が調査結果を得た水浴場の823ヶ所すべてが、水浴場として適当な水質でした。
(2) 水質の区分の「適」(「水質AA」又は「水質A」)の水浴場数は、687ヶ所(全体の83%)でした。

【調査の概要】

 調査実施団体 : 都道府県、市町村

 調査対象水浴場 : 海水浴場、湖沼・河川の水浴場

 調査対象項目 : ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、透明度
          (参考項目:水素イオン濃度<pH>、病原性大腸菌O-157)

 調査実施時期 : 平成30年4月上旬~6月中旬

【水質調査結果の概要】

・調査結果を得た823ヶ所の水浴場のうち、3ヶ所で<水質C>を示し、このうち2ヶ所でふん便性大腸菌群数に関して「改善対策を要するもの」がありましたが、水質が「不適」の判定となる水浴場はありませんでした。     
   ※水浴場水質判定基準は、添付参照。

・水浴場として良好な水質である「適」(<水質AA>又は<水質A>)にランクされた水浴場は687ヶ所で、全体の83%(前年度682ヶ所、83%)となりました。また、特に良好な水質である<水質AA>の水浴場は499ヶ所で、全体の61%(前年度510ヶ所、62%)となりました。

・病原性大腸菌O-157の調査は、592ヶ所の水浴場で実施されましたが、すべての水浴場で不検出でした。

表 平成30年度水浴場(開設前)の水質調査結果

水質の区分

平成30年度 平成29年度
水浴場数 水浴場数
水質AA 499 61 510 62
水質A 188 23 172 21
水質AA+水質A 687 83 682 83
水質B 133 16 132 16
水質C 3 0.4 3 0.4
水質B+水質C 136 17 135 17
不適 0 0 0 0
合計 823 100 817 100

※次の参考資料は、添付参照。
 ・ 参考資料-1 平成30年度水浴場(開設前)水質調査結果・都道府県別集計表
 ・ 参考資料-2 平成30年度水質が特に良好な水浴場(開設前)
 ・ 参考資料-3 水浴場(開設前)の水質調査結果の推移
 ・ 参考資料-4 水浴場(開設前)の水質調査結果(過去10年間)の推移

※各水浴場の個別調査結果は、http://www.env.go.jp/water/suiyoku_cho/index.html に掲載されます。

※水環境情報に関する総合的な情報を以下サイトで紹介しています。是非ご利用下さい。

https://water-pub.env.go.jp/water-pub/mizu-site/index.asp

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直 通:03-5521-8316
代 表:03-3581-3351
課 長:渡邊 康正(内線6610)
担 当:出水 孝征(内線6628)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ