報道発表資料

平成30年6月29日
自然環境
この記事を印刷

港湾におけるヒアリ確認調査の実施について

 平成29年6月に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が国内で初めて確認されて以降、環境省及び国土交通省では、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を同年8月から11月にかけて3回ずつ実施しました。冬季においても、ヒアリの侵入状況を確認するため、平成30年2月には、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する主要な11港湾を対象に調査を実施しました。
 平成30年度も昨年度と同様に、7月1日より中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾を対象とした確認調査を実施することとしましたので、お知らせします。

1. 調査の目的

 ヒアリについては、平成29年6月に国内で初めて兵庫県尼崎市にて確認されて以降、現在までに12都府県、29事例(今年に入って3事例)が確認されています。

 侵入初期で発見し早期防除を実施することが重要であることから、継続的に侵入状況を確認することを目的として、今年度もヒアリの確認調査を実施します。調査は夏季と秋季に予定しています。

2.調査の概要

 専門業者による目視及びトラップの設置による調査を、平成30年7月1日(日)から開始し、順次実施します(岡山県水島港から開始)。

 調査の対象は、昨年と同様に、中国、台湾等から定期コンテナ航路を有する68港湾です。調査の実施状況については、下記の環境省ホームページで、随時公表します。また、調査日は天候等の理由により変更になる可能性もあります。

 なお、本調査においてヒアリが発見された場合には、殺虫処分を行う等の緊急的な防除を実施します。

3.結果の公表

 本調査においてヒアリが確認された場合には、速やかに報道発表することとし、確認されなかった場合を含め、調査結果については随時、下記の環境省ホームページにて公表します。

 環境省ホームページ 特定外来生物ヒアリに関する情報

 URL:http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/fireant.html 

4.現地取材

 全国各地の港湾での現地取材については予定していませんが、7月上旬に関東エリアの港湾1箇所において、現地取材を受け付けます。詳細については、別途ホームページ等でお知らせします。

○ヒアリ定着国等と定期航路を持つ港湾について

東京、横浜、川崎、名古屋、四日市、大阪、神戸、下関、北九州、博多、

苫小牧、室蘭、小樽、釧路、石狩湾新、函館、八戸、大船渡、釜石、仙台塩釜、秋田、酒田、

小名浜、茨城、鹿島、千葉、新潟、直江津、伏木富山、金沢、敦賀、清水、御前崎、三河、

舞鶴、堺泉北、和歌山下津、境、浜田、水島、福山、広島、呉、徳山下松、大竹、岩国、

宇部、三田尻中関、徳島小松島、高松、松山、今治、三島川之江、高知、伊万里、長崎、

三池、八代、熊本、大分、細島、油津、鹿児島、川内、志布志、那覇、平良、石垣   計68港

対象とする港湾

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8344
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾(内線6681)
担当   深谷 雪雄(内線7478)

ページ先頭へ